2014年05月31日

オダサガ文化祭戦利品その二

 0531_04.jpg

 toivotan/くらがのりえ様の小さな絵本です。
 フィンランド語でファンタジーのキャラクターが描かれています。
 かわいい! と立ち止まり、表紙の柄が違ったので悩みましたが、
 結局唐草っぽい模様を選びました、ってここじゃ見えないですが(汗

 0531_03.jpg

 TONTENKAN/みわかなこ様の小さなカードです。
 色鉛筆やクレヨンとスケッチブックの相性って抜群だと思うのですよね。
 ちょっと出る凹凸がすごくたまりません。
 やわらかい色とイラストはほのぼのとした気分にさせてくれます。
 ドールハウスの壁にポスターっぽく貼りたいなと。
 手持ちの額縁には大きくて、でも切るのは嫌なので悩みどころです。
 ああ、もっと買っておけばよかった……
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月30日

540円

 税率が八パーセントになって大変なのはどこも同じですが、
 その中でもトップのほうだろうと勝手に思っているのが百均などの均一商品店です。
 以前消費税が変わった時は、百円ショップというのは店名なので、
 105円ショップにはしません、なんてコメントを見た記憶がありますが……

 今までは五円単位だったので、お客さんが出す以外一円は不要でしたし、
 計算もしやすいものでした。
 ところが今度は八パーセント、一円の消費量が多い上にお釣りも面倒になってきます。

 私は特にこの端数を払うのが面倒に感じてしまい、
 いつもついつい五個単位で買物してしまいます。
 こうすると540円、1080円……となってまだ計算しやすいしお釣りも細かくなりません。

 ただし問題は買いすぎるってことなんですけど。
 無駄なものを買ってキリのいい数字か、
 必要なものだけにして半端な額か……まあ、常識で考えれば前者です。

 そんなわけで財布の中に一円玉がいっぱいあるのでした。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月29日

オダサガ文化祭

 クラフト市の紹介もまだなのにってところなのですが。
 先にオダサガ文化祭の戦利品紹介その一です。

 0528_01.jpg

 今回のメインは荒木喜久子様の作品です。
 以前にも購入したので、その写真をさしあげて、さらに買ってきました。
 ということで今流行らしい多肉植物のミニチュアです。
 実物は盛っていないのですが、かわいいものですねぇ。

 0528_02.jpg

 反対側から。
 どこから見てもちゃんとつくってあるのが素敵です。
 そしてこの鉢植えに使ったもの、聞いてびっくり。
 それもあってこちらを買ったのもあったりします。

 0528_03.jpg

 次はコスモス。薄いピンクが可憐な感じです。
 こちらは前買ったカラーと同じように、土台と花瓶がくっついています。
 この原材料も……なんだろうなーと思うと、発想って凄いなと。

 0528_04.jpg

 あとこのかたの作品で好きな部分が、ぴっかぴかの完成品ではないところです。
 他にもミニチュア粘土の出展者はクラフト市などで見かけるのですが、
 いかにも綺麗なミニチュアです、って状態で……
 いいんですけど、私のドールたちにはもうちょっと生活感というか、
 それっぽさがほしいなぁと思うのです。
 このコスモスもつぼみが一緒になっています。
 実際庭やプランターから摘む場合、つぼみの状態を切ることがほとんどです。
 で、一緒に咲いてはくれないという。
 そんな「らしさ」が好きなのです。

 さて、このオダサガ文化祭、アンケートに答えると抽選でプレゼントが当たります。
 荒木様のに希望を出して、まあ当たらないだろうなと思っていたら。

 0528_05.jpg

 当たりました。
 やったー! と大喜びです。
 こちらは大きめのミニチュア多肉。

 0528_06.jpg

 いろいろな角度から楽しめます。
 この丸いのは下に落としていますけど、鉢の上に這わせてもよさそう。

 0528_07.jpg

 多肉はかわいいし寄せ植え感満載で四種類も乗ってるし、
 なんて豪華なんだろう……とうっとり。
 こういうのがつくれるって本当に凄いです。

 また大きめの写真を撮ってご本人にお渡しできたらな、と思います。
 ネットはされてないみたいなので、お礼を言う機会が少ないのが残念で。
 だからこそ折りがあれば、絶対はせ参じたいところなのです。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月25日

徒然

 ハンドメイドイベントの戦利品の話やらネタはあるのですが、
 ちょっと今日は不得意なビールで酔っているので、また後日と言うことに……

 にしても、鞄につけていた兎と虎のマスコットで、
 もしやその組みあわせって……と言われるとは(笑
 いえその手のイベント会場ならわかるのですが、
 ハンドメイドイベントだとちょっとびっくりです。
 その作家さんがタイバニ見ているのは知っていましたけど。
 そんなおもしろいこともありましたが、詳細はそのうちで。
 オダサガ文化祭の話も全然書いてないし……

 そういえば今日会った友だちに「考古学系好きだよね」と言われました。
 ……考古学系、なんですかね?
 って思ってちょっと調べたら、人類の痕跡を探るもの、という意味だそうで、
 ということは過去のものは基本その範疇なんですかね。
 
 たしかに博物館などが好きなので、考古学系……なのかも?
 近代が好きじゃないというわけではないですけど、
 なんというか、こういうものの先に自分たちがいる、っていうのが、
 おもしろいなぁと思うのですよね。
 かたちの変わったものもあれば、あまり変わらないものもある。
 びっくりするような遠いところで、日本のなにかが伝わっていたりするし、
 その逆もあったりする。
 そういうのを知るのは、とても楽しいです。

 続きはweb拍手の返信、私信です。
 続きを読む
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月23日

続続カラボ

 結局ホームセンターで切ってもらいました。
 一枚で二枚分とれたのに、頼みかたが悪くて大きいままですが……
 なんちゃって壁にすればいいんですけど、
 なんというか、自分の迂闊さがちょっと恥ずかしいです。
 まあ、次回はそうやって頼めばいいか! とすぐ立ち直るんですけど。
 ただ切ってもらったサイズも間違えたのですが。

 0523_01.jpg

 こんな感じ。
 左側がでっぱっています。
 外側ちょうどのサイズで計ってしまったんですが、
 蝶番って本来内側につけるものなんですよね……

 結構厚みのあるMDFにしたので、外側につけることができなくて。
 なので端が余る結果になってしまいました。
 我が家の何十年と手入れしていない糸鋸で綺麗に切れるとは思えません。

 ただまあ、これくらいならまだ許容範囲かなぁと。
 結果論ですが左開きなので閉じておけば棚の隣で、
 うっかりぶつけて怪我をする心配もありませんし。

 0523_02.jpg

 開けたところ。
 一応扉のほうは彫刻刀で削って大体ぴったりになるようにしています。
 ちょっとは隙間が減っている……はず。
 カラボのほうは削っていないので、どうしても隙間がありますが、
 それくらい全開よりはましだしいいかな、と。

 右利きなのに逆から開けるかたちになっているのは、
 左側の穴開け場所をまんまと失敗したためです。
 もう一度開けるには場所が微妙すぎたので断念しました……

 あと蝶番のむきも知らなかったので、
 何度もつけたり外したり。よくネジが壊れなかったものです。

 で、まんなか部分は微妙に段差が低いので、
 開くの防止マグネットをそこにくっつけてみました。
 クッションのある両面テープを使って調節しています。
 これできっちり閉まるので気分がいいです。

 にしても切る大きな機械って凄いんですねぇ。
 すぱん! って音とともに綺麗に切ってくれて……
 大きな店だからこそできることですね。

 分厚めのMDFにしたのは勿論わけがありまして。
 ここにセリアとかの標本箱やシェルフをぶらさげたり、
 もしくはアクセを下げるピンをつけたりしたいなーと夢を見たのです。
 となるとそれなりに頑丈じゃないとね、ということで。
 蝶番の強度はよくわからないのですが、
 標本箱くらいならなんとかなる……のではないかと。

 ちょっと自信がついたので、
 今度ホームセンターのカードつくって寸法計り直して、
 カードがあれば十回までカット無料らしいので残りの棚にも扉をつけようかなと。
 一番上だけだとなんだか妙な感じですしね。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月22日

徒然

 ワールドアトラスの新しいシーリングスタンプだとか、
 オダサガ文化祭の戦利品だとか、ネタはあるのですが、
 写真に撮っていないのですよね……

 やっぱりLEを買うべきですかね。
 どうも億劫さが先にきてしまっています。
 そもそもがわりとものぐさですし。

 あ、ちなみにカラボの扉は近日中にホームセンターに行けそうなので、
 そこで木材をどうにかしてもらおうと思います。
 なぜか職場に電動工具があるんですが、
 まさか持って行くわけにもいきませんよねぇ(笑
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月21日

猫とポトス

 知人から分けてもらったポトス。
 日の当たる室内に置いたらすくすく成長し、
 伸びまくって困ったので、朝顔などにも使うわっかのを百均で購入。
 ついでに置いてある台も片づけて、できばえに満足していたのですが……

 ものの一時間もしないうちに猫が台に乗ってポトスを蹴倒してしまい、
 大惨事になりました……
 へたに綺麗に台を片づけたのが敗因だったようです。

 なので土を買ってきて、ついでだといったん鉢植えから本体を抜きました。
 たまには空気を入れないと……ということで。
 うっすら覚えた知識でしたが今確認したら合ってました。

 で、ずるっとひっぱりだしてみると、ずいぶん根が張ってました。
 ちょっと今の鉢植えだと窮屈かな……というくらいです。
 でも大きい鉢にして、ますます育ってしまうと、
 それはそれで困る面もあるし……

 個人的には大きくなっていいんですが、
 置いているのが両親の部屋なので、あまり勝手もできません。
 なので本当は挿し木して増やしたいのですが、ひたすら一本を長ーく伸ばしています。
 下のほうは流石に葉もなくなって寂しくなっていたので、
 ぐるっと回したらいい感じになりました。

 で、折角片づけた台ですが、結局猫がのぼれないようにものを置いて、
 なんだか微妙なことになりました……うーん。
 それこそ箪笥の上だとかでないかぎりは無理そうですね。

 本当は自室のカーテンレールにはわせたいのですが、
 冬場八度を平気で割る部屋なので断念しました。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月20日

久々レジン

 撮影するのって難しいですね……

 0520_01.jpg

 はこの和さんで買った土台にマニキュアを適当に宇宙っぽく塗り、
 UVレジン(今回はダイソーではなく)を流して固めました。

 土台が素敵な宇宙だったので、他には手を加えていません。
 ラメを入れた程度で、パーツはなにもなし。
 でも十二分に綺麗になったんじゃないかなと。

 0520_02.jpg

 実物はもうちょっとちゃんと盛ってあります。
 見た目はあんまり変わらないかもですが……
 まだ金具をつけていないのですが、なににしようかなぁと。
 大きいのでバッグチャームかネックレスか。
 タイバニイベントの時につけていきたいところです(笑
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年05月19日

続・カラボの扉

 寝て起きたら落ちてました(危ないので真似しないでください)

 ……やっぱり粘着は難しい模様。
 おとなしくピンバイスで穴を開けてネジ式にしたほうが、
 結局無駄遣いもしなくてすみそうです。

 ところがカラーボックスに使われている木材は、とても薄いのです。
 手持ちの蝶番に付属しているネジは、
 そのまま使うと反対側に貫通間違いなし、という。
 でも中に入れたいのはフィギュアなので、うっかり引っかけて傷がついたら、
 これは泣くに泣けない事態となってしまいます。

 まあ、邪道ですがグルーガンをくっつけて当たらないようにすれば、
 若干補強にもなる……かなぁ?

 で、扉のほうは自転車で行ける範囲にホームセンターがあるので、
 切ってくれるかどうかは謎ですが寸法計って、とするのが一番かなと。
 今あるのをどうするかって問題ですが、
 これはなんちゃってドールハウスの壁にすればいいだけなので問題なしです。

 短気なのでつい急いてしまうのですが、
 そうするとストレスがたまるばかりなので、
 のんびり行くようにしようと思います。

 その分日記のネタになりますしね(笑
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月17日

カラボの扉

 一応の決着がつきました。

 0518_01.jpg

 こんな感じです。
 見事に横が出っ張ってますが、綺麗に切れる道具がないので今はこのままです。
 使った素材は……なんだろう、木なのは間違いないのですが。
 画材屋で木版のところにあったものです。
 ついでにポストカードサイズも買いました。これは別用途ですけど。
 置いてある場所的にぶつける心配が少ないので、このままにしています。
 糸鋸……があればいいんですかね、こういうのって。

 0518_02.jpg

 開けたところ。
 本当はねじでとめる蝶番を強力両面テープでとめています。
 手で穴を開けるのがしんどくって……
 それだけだとすぐ開いてしまうので、
 よく郵便受けに入っている水道トラブルのマグネットを切って貼って、
 扉が開いてしまうのを防いでいます。
 磁力は弱いですが、開かなければいい程度なのでこれで十分。
 今のところ開くこともありません。

 ただこれで表になにか飾ったり重さがかかると開きそうなんですよね……
 ネックレスぶら下げられるようにしたりすると、間違いなく重量過多でしょうから、
 そういうのをやるならきちんとねじ止めして、さらに普通の扉のように、
 マグネットのとってをつけるべき、となるんじゃないかなと。
 めんどくさいのでやりませんが、でもちょっとこのままは嫌です。
 まあ、それはそのうち……

 メカニカルファスナー買ったはずなんですが、どこへ置いたかなぁ。
 とにかく隙間はなるべく少なくしたいので、
 普通のマジックテープでは駄目なのです。

 きっとDIYの得意なかたにすれば、なんだこれ! って感じでしょうけど、
 私ではこれが精一杯なのです。

 バルサ切ってくっつけるのも考えたんですが、
 なぜかこの木のほうが安かったのです……
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月16日

palais様の世界〜ハイカラアパートメント

 終わってしまいましたが、ナツメヒロさんで企画されていた、
 ハイカラアパートメントで購入しました。
 ドールやフィギュア好きとしては、小さいボックスの中を部屋に模して、
 各住人の特色を出した品を展示・販売というこの企画、
 飛びつかないはずがありませんでした。

 連日盛況だったので、店内でドールを出すことはやめましたが、
 あの中に小さいドールを連れて行きたかった……
 どの部屋もそれぞれ素敵で、いるだけで幸せなので、
 会期中何度も行ってしまいました。

 で、買ったものは前に紹介したボーン氏と、もうひとつ。

 0517_01.jpg

 palaris様の星ノ石です。
 鉱石の標本ケースに入っています。
 空から落ちてきた石をかためたかのような作品で、
 この絶妙なグラデーションがもう好きで好きで……
 写真には写っていませんが、流れ星が閉じこめられたような感じになっています。

0517_02.jpg

 もう一枚、ちょっと違う角度から。
 ちょっと原石っぽい、研磨された綺麗さだけじゃないところもあって、
 それがいかにも夜空の落としものみたいです。

 最近すっかりアクセサリーをつけなくなっていて、
 あんまりつけてやれないから、と一度はあきらめたのですが、
 最終日に残っていたので、これはもう我が家にくるためにいるんだ!
 と勝手に思いこんで決めました。

 次の企画も楽しみなのですよね。
 でもその前にオダサガ文化祭です。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月14日

美術館ふたつ

 久しぶりに行ってきました。
 是が非でも行きたい! というものがなかったので、
 この数ヶ月全然でしたので……タイバニばっかりでしたし(笑

 あくまで好みですが、私は絵画だけの展示はあまり興味がなくて、
 それより考古学系の出土品などが好きなのですよね。
 だから、古墳の絵とかも機会があれば、程度で一人で行く気にはなれず。

 で、今回見に行ったのは、
 Bunkamuraの「ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション」
 松濤美術館の「リニューアル記念特別展「ねこ・猫・ネコ」」
 の豪華二本立てでした。

 そもそもBunkamuraのタダ券をもらって、期限内の気になるものがこれだったので、
 よしじゃあ行こう、となり母と行きました。
 その道すがら、猫展のチラシが目に入って……
 気になりつつもまずは、ということで貴族コレクションのほうへ。

 こちらはミラノの貴族が収集した個人のコレクションです。
 邸宅を美術館に改装して、いつでも見られるようにしたというもの。
 大戦の空襲で大部分が消失しましたが、その後有志によって再建されたそうです。

 ということなので収集品は甲冑にはじまり、タペストリー、彫刻、絵画、ガラス製品……
 相当数集めたそうなので、圧巻の一言に尽きます。
 しかも手持ちの収蔵品を上手に組み合わせて対にして飾ったりなど、
 なかなかセンスのあるかただったようです。
 その配置も展示に生かされていて、なるほどと思う部分も。

 最初の武器防具でテンションが上がり、二メートルはあるかというタペストリーに驚愕し、
 テンペラ絵から油彩への変化に時代を感じ、
 個性的な絵画にイタリアの自由を見たり……
 とても美人さんの絵があったので、ポストカードを買っちゃいました。

 あとイタリアと言えばヴェネチアングラスです。
 数は少なかったですが美しい品がありました。
 透明な青の十字架はため息が出るほど綺麗で……
 ポストカードも買ったのですが、写真だと不透明に見えてしまって、
 あれは現物見るのが一番だなぁと思ったり。

 そのあと松濤美術館の場所を携帯で調べたら、
 ちょっと遠いけど歩いて行けるし道もわりと簡単だったので、行くことに。
 Bunkamuraを出て坂をどんどん上がっていくと、
 道案内が出ていたので迷うこともありませんでした。

 こちらの猫展は、名前のとおり猫に関するものがたくさんありました。
 絵画、彫刻、浮世絵……
 特に見立て女三の宮というのがおもしろかったです。

 浮世絵にもよくあるという、女性とその足もとに猫がいる図式。
 これは、源氏物語の若菜上で、
 猫の悪戯によって御簾が上がってしまい、柏木が女三の宮の姿を見てしまい、
 そこから大変なことになっていく……というきっかけの情景を模しているのだそうです。
(大変なことがなにかはネタバレになるので伏せておきます)

 要するにこの当時の様式美というか、定型というか、だったようです。
 なので同じような作品がいくつも展示されていて、
 それぞれ雰囲気が違っておもしろいものでした。

 あと、猫と蝶(生き物)と植物の組み合わせが多いのは、
 猫と蝶の音が命と長と同じであることから、長寿を祝ったのだとか。
 さらに中国でも音が同じ漢字があるので、定型なのだそうです。
 ということでそういったモチーフがたくさんありました。

 会期がもうぎりぎりなのですが、どちらも楽しかったです。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月13日

ミニチュアの食器

 ネットで噂になっていたのでいそいそ購入したものです。
 すべてエコー商事株式会社の商品です。

 0422_08.jpg

 フライパン二種類セット。
 ちゃんと金属でずっしりとしています。
 サイズ違いでふたつというところがにくいなぁ、と。

 0422_07.jpg

 ミシン。骨董的な魅力満載です。
 一体何個目だろうと思いつつも我慢できませんでした。
 手回し部分がかわいくて好きです。

 0422_06.jpg

 ちゃんと鍋と蓋は別々です。こういうところがいいですよね。
 色はみんな同じですが、シンプルだからこそいいというか。
 並べて置いておくと雰囲気が出ます。

 とはいえ私が持っている台所は普通の感じなので、
 アンティークさとは無縁ですが、それはそれで生活感出そう?
 
タグ:セリア 百均
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月11日

カラーボックス

 私の部屋にはカラーボックスがふたつ重ねて置いてあります。
 同じ店で買ったのに微妙に新しいほうが薄くて安っぽいという、
 まさかのオチに泣きを見ましたが、買ったものはしょうがないので、
 そのまま使っているわけですが……

 箱のままのフィギュアは劣化(素材がくっついたりする)の可能性があるというので、
 出して飾りたいと思ったものの、カラーボックスではホコリが防げません。
 勿論アクリルケースだってチリひとつ入らないわけではないですが、
 それでもむきだしとは段違いです。

 噂のIKEAのケースが欲しいところですが、今ある使えるカラボを廃棄、
 というのは流石に勿体なさすぎますしPC買って金欠の今、
 一万円弱とはいえ出費はおさえたいところです。

 ということで、百均のものを使って棚をつくっているかたの日記を見たりして、
 ちょっと試してみたのですが……惨敗しました。
 そもそも不器用かつ面倒くさがりできちんと計算もしないので、
 この手の作業がうまくいくはずもないのですけど。

 百均であれこれ買って失敗するより、一枚五百円だかのカラボ用扉を買うほうが、
 結果的にお財布に優しい気がしてきました……
 問題はそういう扉は目隠し用で中が見えないことですが、
 見るい時は開ければいいんだしいいかな、と。

 ということで仕事帰りにホームセンターを覗いてこようと思います。
 さて、どうなることやら?
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月10日

角まですくえる?

 0422_10.jpg

 IPシステムの角まですくえる計量スプーンです。
 セリアで購入しました。
 ここのメーカーさんは立てるなにやらとかが多いみたいですね。
 しゃもじとか……買いませんでしたけど。

 四角いので角に当ててきっちりすくえる、というのがウリだそうです。
 あとは、底が平らなので置いてもこぼれない、と。
 そして猫なところがとてもかわいいです。

 レジン計るのによさそうだなと購入したのですが、
 二液式はその時まだ冬で無理だったので、使用感はまだです。
 今後使ったらこっそり書き加えておくつもりですが、
 本当に忘れたころになるんじゃないかと……
 
タグ:セリア 百均
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月09日

リュック

 自転車か徒歩移動なので、仕事の時はリュックを愛用しています。
 両手が空くほうが便利ですし、防犯上の面からも有効かなと。
 夏場背中が暑くなりますが(笑

 最近若い子の間ではやっているようで、
 布製のリュックに缶バッヂなどがたくさんついています。
 アニメやゲームのキャラをもろにつけるのは、
 流石に私には無理なのですが、でもちょっとくらいは……と思って。

 0509_01.jpg

 こんな感じにくっつけています。
 すでに多いんですが、あと海福さんの缶バッヂもつけたいなぁ……

 左の犬はG・DEFENDのダグ。いちラキ通販で購入。
 右側のナイスガイはナツメヒロさんのハイカラアパートメントで購入した、
 ユウ様(サイトがないのでツイッターリンクです)のボーン氏。
 骨格標本が大好きなかたとのことで、頭に乗せた骨と、
 ばっちり似合うスーツのコントラストがたまりません。
 仮面好きは顔が隠れているとときめくのです……

 そして左下はアートクラフトで購入したSANDE'S様の猫。
 このゆる〜い感じに一目惚れしてしまったのです。
 同級生三人とのことですが、どのかたの作品も素敵で、
 どれもほしかったのですが悩んでこの一点に……今度はもっと買っちゃおうかなと。

 まだ紹介してないものもたくさんあるのですが、
 やっぱり写真屋が入ってないと面倒くさくて……うーん。
 
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月08日

お気にいりのももゼリー

 桃が好きなのでよくゼリーも買うのですが、
 今のところ一番好きなももゼリーがあります。

 愛知ヨーク株式会社のものです。

 ぶっちゃけパッケージはよくも悪くもこなれてないのですが、
 食べてみるといい意味で期待を裏切るおいしさなのです。
 勿論好みはあると思いますが、我が家はまめに購入しています。
 果汁七十パーセントは伊達じゃなく、しっかり桃の味がします。
 そしていい具合に甘い……あ、でも私はとても甘党なので、
 甘すぎると言うかたもいるかもしれないです(汗

 別段価格もそう高くありませんし、
 生協の宅配などで購入も可能なので、
 一度だまされたと思って食べてみてほしいなぁ、なんて。

 ……って公式になぜかももゼリーだけないですね(汗
 時期ものなのかな……?
 国産○○シリーズ、のところにあるはずなんですけど。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月07日

声を出す

 チケットがとれたので、火曜日の夜は最叫ナイトでした。
 とはなにかと言いますと、海外方式と言いますか、
 上映中に叫んだりサイリウムを振ってもいい、という回です。
 勿論叫ぶのは常識の範囲での内容ですが、
 Risingは最後にとても叫びたいシーンがあるので、
 それがやりたい! と行くことにしました。

 ……まあ、案の定迷子になって交番で聞いたりしましたが。
 それを見越しての到着時刻にしたので問題なしです。

 上映はサイリウムが綺麗でした。
 まわりの動かしかたをまねて一緒にやると一体感が出ます。
 ライアンの決め科白や叫びたかった部分も叫べました。
 カリーナいい女! って言えなかったのは残念でしたけど(笑

 真面目なシーンではサイリウムも光らず合いの手も入らず。
 後半は見入って、まさにテレビを見ている視聴者のように歓声をあげたり。
 ED、字幕がないのに大合唱したのにはびっくりしました。
 ……と言いつつ私もしれっと歌ってましたけど(笑

 ここから先はちょっと私見です。
 劇場がコスをOKしていますので、それ自体の是非を問うつもりはありません。
 ただ、こんな意見もあります、という感じで見ていただければと思います。

 三十分前に到着すると、ロビーにはすでにたくさんのひとがいました。
 そしてまんなかではコスプレイヤーさんの撮影大会が。
 あまり広くないロビーだったので、避けて歩くのがちょっと大変でした。
 終われば終電間際で、急いで帰るかたがほとんどでしょうから(私もですが)
 はやめに行って交流を深めたい気持ちはわかるのですが……
 時間がなくなってそのまま帰宅したかたもいたようなので、
 それなら大通りを歩いても問題ない軽いコスにしてほしかったかも……とも思いました。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月05日

かわいいスケッチブック

 ミニサイズのスケッチブックが画材屋にあったので、
 ついつい購入してしまいました。
 ミューズの55ミニチュアブックです。

 0505_01.jpg

 選びきれずに二冊です。
 ちゃんとリング部分もつくってあって、本物と同じです。
 リングがちょっと大きいですが、そこはご愛敬かなと。

 0505_02.jpg

 中の紙質もちゃんとしています。
 幅4.5cm、長さ6cmちょっとくらいです。
 なので、我が家の小さい子にちょうどいいかなーと。

 でも中をそのままにするのは勿体ないので、
 これに関してもちょっと使い道は考えてあります。
 それは……いつかできあがったらお披露目、でいいですかね?
 いつになるやらってツッコミが入りそうですけど(汗

 公式サイトでの情報はこちら。

 ミューズホットニュース

 二十五色展開って凄いですよね……もう少し買おうかな。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2014年05月03日

チェックとその後

 今日はわりと雑談ですが。

 同人誌イベントやらなにやらで、チェックをすることがあります。
 ところが、いくつもチェックすると、
 行ったところなのかそうでないのかわからなくなることが多々。
 結果行きはぐってしまう、なんてこともありまして。

 大きめのチェックリストならいいんですが、
 同人イベントのマップというのは、参加者が多いため小さくて、
 なかなか難しいのです。

 ネットで自分だけのリストをつくったりもできるらしいのですが、
 正直そういうのは苦手なので、チェックはアナログにしたくて。

 最近はチェックした時とは別の色のペンで線を引く、
 という方法をとっていましたが、これだと二本必要で、
 なおかつあんまりきれいではありません。

 じゃあ、とフリクションのペンを使ってみました。
 ところが、慌ただしい会場内ではなかなかこすって消すのも面倒というか、
 立ち止まるとぶつかってしまってうまくいかず、
 おまけにうまく消えなかったりしていらいらと……

 ダイソーなどにも売っている、消えるペンのセットならどうかな?
 と今チャコペンを見ていて思いました。
 今度やってみようと考えています。
あおつぼ | コメント(0) | 日記