2019年07月24日

叔母のバレエ

 ……正確には違うんですが。

 先日、叔母が指導を手伝っている岡田祥造バレエ教室の発表会に行きました。
 生徒さんの発表が主なわけで、過去何度か記事にもしています。

 小さい子からお孫さんのいるかたまで、
 踊りの内容もバラエティに富んだものとなっています。
 ちゃんとしたバレエも勿論いいのですが、
 なにが起きるか色々な意味ではらはらどきどきするので、
 これはこれでクセになるというか(笑

 外部から男性も招いてパ・ド・ドゥも踊りました。
 バレエ教室によっては男性もいますし、
 ここの教室には夫婦で頑張っているかたもいますが、
 やはりリフトなどをするのは難しく。

 ……ただ、ちょっと力量的に厳しかったかなーと。
 振り付けも大分簡単にしていたので踊れてはいましたが、
 長い時間をもたせられるだけのものかというと……うーん。

 あ、でも瀕死の白鳥を踊ったかたは巧かったです。
 白鳥にかぎったことではないんですが、
 どうしてもステップに気をとられると、
 手先の動きがおろそかになるんですよね(逆もありますが)
 特に白鳥の場合は手の動きが大事なので、
 そこがいまいちだと悪目立ちしてしまう……

 そして参考というかなんというかで叔母も踊ったわけなんですが、
 高い位置でのリフトの時に落ちそうになるハプニングが。
 幸い怪我をすることもなくすぐ持ち直し、踊りきりました。
 ……が、終わったと思ったら袖から先生が出てきて、

「失敗したところやり直し!」

 その時の叔母は身内だからよくわかりましたが、
 ものすごく素の顔で「マジですかヤなんですけど」
 みたいな感じでした、出てるよ!(笑
 気持ちはよくわかります、だって彼女、還暦近いし。

 でも結局その部分だけ踊り直しました。
 こういう時プロだなと思うのは、
 すぐさまポジションについて、即座にはじめられるところですね。
 なんだかんだでひとつひとつの動作が安定しているし、
 手先足先まで抜かりなく、首もちゃんと動きます。

 彼女は小牧正英の弟子に師事していて、
 先生いわく「バレリーナの端くれ」だそうですが、
 それでもずっと踊り続けていただけはあるよなぁと。
 勿論、プリマなどに比べれば年齢的なものも含めて、
 劣っているのは否定できないのですけど、それでも凄いのです。

 余談ですが教室の先生が特許を持つ「グーポ」という健康サンダル、
 ちょっとバズったらしく品切れだそうです。
 でもマージンあんまり入らないからもっと買って!
 と休憩時間中にダイマされました(笑
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2019年07月21日

スムージー

 投票の帰り、ふらふらと見るともなく店を見ていたら、
 スムージーのお店がありました。
 結構入れかわりもあるのですが、そこは続いているほう……かな?
 果実も入れてミキサーかけてできたてを出すという、
 最近ちょいちょい見かけるやつです。
 ……タピオカに席巻されている気もしますが。

 で、期間限定で桃があったので頼んでみました。
 仕事で疲れていたので、ご褒美ってことでいいよねと。
 思った以上においしかったので、母にもお土産にしました。
 桃はかなり好きなので、疲れた身体にしみましたね……

 百均のセリアで買いたかったものも買えたので、
 結構ほくほくして帰宅したのでした。
あおつぼ | コメント(0) | 日記

2019年07月02日

視覚障害の話

 たまにはまともなことでも。

 ちょっと前に書いていた部分で、
 視覚障害のヘルプには資格が必要、と書きました。
 なので今回はそのへんの話を。

 今は全国共通になったので、受けやすいところで受ければいいです。
 ただし受講料がばらばらなので要注意。
 教えなければいけない最低限は決まっていますが、
 日数は教材は自由なので(選択肢が多いわけではないけれど)
 受講料にばらつきが出てしまうんですよね。

 単純に視覚障害者、というと、
 白杖持ってまったく目が見えないひと、
 というのを想像されるかたが多いと思いますが、
 実際はそうでもありません。

 全盲(まったく見えない)かたでも、
 光は感じるかたもいれば、まったくの暗闇のかたもいます。
 体調によってそれらも変わるかたもいます。
 光を感じる場合は刺激になって痛いので、
 サングラスや色つき眼鏡をかけていることが多いです。

 他にも色々ありますが、なまじ見えているほうが恐いこともあります。
 そのうちのひとつを上げると「視野狭窄」です(他にもありますが
 人間の視界は100度以上あるものですが、
 視野狭窄の場合、これが極端に少なくなります。
 顔の両側に手で覆いをして歩いてみると、
 その怖さがわかるんじゃないかと思います。

 だけど視界は狭くても、見えることは見えるんですよね。
 外からではあまりそれとわかることもありませんし。
 すごい速さで自転車が横からやってきた時、
 本当に間近にくるまで気がつかないというのは、
 相当な恐怖になると思います。

 ということをちょっとは知ってもらえたらなということで、
 つらつら書いておきます。そのうち続きます。
あおつぼ | コメント(0) | 日記