2018年01月11日

成人式

 近所でも華やかな姿を見かけました。
 いつもより道路も混んでいたので大変でしたけど……

 はるか昔、一応成人式には出ましたが、
 ほとんど覚えていません。
 というのも、私にとって大事だったのは、
 成人式に出ることではなく、
 振袖を着ることのほうだったからです。

 私の振袖は叔母のもので、
 それを祖母が私のサイズに仕立て直してくれたものです。
 当時まだ判明していませんでしたが、祖母は癌のため体調を崩しがちで、
 そんな中の生きがい的な意味で振袖を仕立ててくれました。

 なので、年始の挨拶で着た姿を見せたら、それは喜んでくれて。
 そこでもう十分だったわけです。
 なので、成人式の出席はあくまでおまけでした。

 その後病名がはっきりした時には末期癌ですと宣告され、
 あっという間に症状は悪化し、帰らぬひとになりました。
 せめて着物姿を見せられたのが孝行だったのかなぁ、と。

 本当は一緒に着物を選んだり、
 ドールの着物を縫ってもらったり教わったり、したかったんですけどね。
あおつぼ | コメント(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]