2019年04月15日

展示を見に

 トルコ至宝展に先日行ってきました。
 いつもの癖で秋葉原に行こうとして、違う! と(笑
 新国立は絵画が多いので、普段あまり行かないんですよね。

 天気が悪かったおかげで、ひとが少なく楽でした。
 ものがものなので、近くで見たかったので。

 束の部分が宝石でできている短剣とか、
 豪華な飾りものだとか……
 お話の中でしか聞かないものが実在していました。

 織物も素敵なものが多く、日よけ用の天幕なんて、
 ものすごく大きさで、これ、立ち上げるだけで大変……
 ついつい準備するがわの気持ちになってしまいます。

 個人的に気にいったのは日本から送った竹の製品。
 机や違い棚なのですが、ほぼすべて竹でできています。
 部分部分を上手に使っていて、これいいなぁと。

 前に寄せ木細工のこうしたものは見ましたが、
 あれはあれでいいけど、こちらは質実な感じがよかったです。

 実物の輝きは出ませんが、つい図録も購入しました。
 トルコって、和洋折衷の独特さが好きなんですよね。
 派手なのは派手なんですけど、でもそれも、
 洋とも和とも違う感じが……

 綺麗な装飾品があれば目の保養に買おうかと思ったんですが、
 これぞというものはなかったのが残念でした。
 ついでに篠原千絵の新作もちら読みしましたが……
 ……ハレムものだとなかなかえぐい……
あおつぼ | コメント(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]