2019年04月19日

ロールプレイする自キャラには萌える

 先の日記と矛盾するような題名ですが、ちゃんと理由はあります。

 一昔前、TRPGはいわゆる「なりきり」の走りのようなものでした。
 今では人狼やVTuberなどの存在があるので、
 なりきりというのも痛々しいだけではなくなってきた感があります。

 私自身のマイキャラは、TRPGではなくて、
 でもまあかぎりなくそれに近いのですが……
 めんどくさいのでそのへんは割愛して。

 つくりあげたキャラクターは、
 その時点では私の創造物なので、
 先述した隙間も意外性もありません。

 ですがこの手のキャラは、一人では行動しません。
 相手があってこそはじめてキャラが確立します。

 他者とのやりとりが生まれることによって、
 自分の手ではなイベントが起こることによって、
 己のキャラはただの創作物から、
 一個の人格にまで成長するのです。

 相手の行動によってはじめて知る自分のキャラの行動。
 たとえば作成した時点ではクールなつもりでも、
 相手との絡みによって情が生まれた場合、
 そのキャラになにかあったら、無意識にたすけたりする。

 そこで自キャラなのに「意外性」が生まれるわけです。
 なのでRP(ロールプレイ)しているキャラというのは、
 創作物でありながら、私ひとりのものではなく、
 従って萌えることも可能になるわけです。

 だからなんだって話じゃないんですけど、
 ちょっと違うんだよっていうだけです。
あおつぼ | コメント(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]