2019年05月07日

古い少女漫画

 先だって亡くなった祖母の家である、
 要するに母の実家は、とにかく本がたくさんあります。
 家族ほとんどが読書好きだったので、さもありなん。

 そのうち整理するというので、その前に行って、
 欲しいのを選ばなきゃいけないんですけど……

 181109_04.jpg

 これがほんの一角です……
 ちなみにこのへんは母の趣味。

 181109_01.jpg

 風と木の詩(多分初版)とか。

 181109_02.jpg

 スケバン刑事とか。

 181109_03.jpg

 取捨選択するだけでもどれだけかかるんだか……
 子供のころからこれを読んでいれば、
 そりゃ脳内少女漫画の小説書きになりますよね。
 マンガ描きににならなかったのが不思議ですけど。

 ちなみに母の蔵書は少女漫画だけではなく、
 推理小説も山ほどあるので、そっちも持って帰りたい。

 なおまっさきに持って帰ったのは、
 竹宮恵子のファラオの墓でした。
 ……子供の私、ナイス選択。 
あおつぼ | コメント(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]