2014年09月24日

レジンのプチ実験

 たいしたことではないのですが……

 0924_02.jpg

 白い下地を塗ったものと塗らないものを、
 あとはほぼ同じ行程で仕上げたものになります。

 こうして見ると下地を塗ったほうが暗く見えますが、
 実物の発色は下地ありのほうが発色が綺麗で、
 もとの色味がわかるような感じです。
 右はちょっと鈍い感じがするような。

 でも写真に撮るとほとんどわかりませんし、
 というか、実際見てもぶっちゃけさほどの差異はありません。

 なので、こういうマニキュアなどを塗る場合は、
 特に下地を塗らなくても大丈夫なのではないか、というのが感想です。
 私の使っている下地は主にフィギュア用の塗るタイプのサーフェイサーなので、
 よく使われているジェッソとは使用感が異なる可能性もあります。
 こんなこともあるよ、くらいで思っていただければ。

 ただ、私はあんまり構想を練らずに、
 とにかく流れ作業で全部の土台に下地を塗って、
 それから紙貼ったりマニキュア塗ったりするので、
 多分これからも全部に下地は塗りそうです。
 細かな傷は消えて平坦にならされるので、多少作業しやすくなりますし。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年09月13日

ダイソーレジン

 UVレジンのパッケージが変わったみたいです。
 前は黄色っぽかったと不評でしたが、綺麗になったのだとか。

 0912_01.jpg

 まだ前のを持っているので私のは旧版ですし、このつくりじゃわかりませんけど……
 ということでダイソーのハロウィンシートと台紙を使ってみました。
 地味だなとは最初から思っていたので最後にラインストーンを乗せたんですが、
 それくらいで華やかになるわけはなかったです。

 でもまあ、そっとつけるにはいいのかも?
 気づかれないくらいかもしれませんけど(笑

 0912_02.jpg

 反省しリベンジした第二弾。
 今度はハロウィンのマステを下地にしました。
 その上に薄くレジンを塗ってから、カボチャ→魔女の順に重ねていきました。
 ……魔女が微妙にわかりづらくなりました……うーん。
 配置が悪かったんでしょうね、きっと。

 そして気をつけたのに気泡が途中でつぶれたのか?
 小さい穴がぽこぽこ空いています。
 これ、ちょっとずつレジン入れてコンパウンドで磨けば直りますかねぇ……
 どうせ練習なのでやってみますか。

 あ、ちなみにヘアピンはお店で買ったものです。
 ダイソーに土台が入ったらしいですがまだ見てません。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年06月20日

ダイソーレジン

 つくったのは結構前ですが、行方不明になっていたので。
 そしてうっかり洗濯機で洗ってしまったのですが、
 怪我の功名かベタつきがとれました。
 中性洗剤で洗えばいいんですかね……?

 基本ダイソーもしくは百均で購入したものだけでつくっています。
 レジンもダイソーです。

 0611_04.jpg

 台座と下の紙と花と文字はダイソーのセットから。
 猫のシールだけマニキュアのシートからです。
 ちみちみ何層かにわけてやっただけあって、
 結構立体感がある気が……気がするだけかもですけど。
 わりと気泡が入ってしまった点がちょっと残念です。

 0611_05.jpg

 こちらも同じセットの台紙と、イニシャルはマニキュアのシート。
 それ以外はダイソーセットです。
 茶色のは切手なんですが、これかなり色が地味なので、
 なんだかわからなくなってますよね……(汗
 現物のほうがもう少し凱旋門がはっきり見えます。
 ちなみにこちらの台座は裏にエッフェル塔のマークがついていて、
 結構凝ったものになっています。

 写真だとなかなかレジンの盛ってる感じが出ませんねぇ……
 もともとあんまりうまくできてないので、残念感が漂っているような(汗

 そして「かん」の文字変換がまず「艦」になってしまいました(笑
 ちょっと艦これ控えるべきですかね……
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年06月11日

その後のボックス

 0611_01.jpg

 ついつい設置して時間をとられてしまいましたが、
 こういうのが楽しくてやめられないのですよね。
 それらしい感じになったので満足しています。
 調子に乗って別のボックスと、ひきだしもうひとつ買ってきました。
 あんまり買っても置く場所はないんですが、
 ミニチュアだからこそできる色、たとえばピンクとかもいいなぁと。
 他の家具と調和がとれるかわかりませんが……(汗

 一応情報として書いておくと、以下。

 壁=スチレンボードに布とバルサ貼り
 床=セリア
 写真立て=キャンドゥ(名刺の半分くらいサイズ
 引き出し=ダイソー(リペイント
 カウンター=カントリーウッドガーデン
 椅子=同上
 クッション=東武動物公園(ほとんど見えませんが

 ということであんまりお金はかけていません。
 カントリーウッドガーデンさんの家具は定価だと高価ですが、福袋なので。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年06月08日

リペイント+α

 0607_05.jpg

 ダイソーのウッドボックスを、こんなふうにしてみました。
 以下、役に立つか謎ですが制作過程が続きます。

 0531_01.jpg

 材料はこちら、商品名ウッドBOX。なぜBOXだけ英語……
 木工製品といえばセリアでしたが、先だってキャンドゥが名乗りを上げ、
 かなり残念な仕切りボックスや、わりとイケてるボックスなど出しています。
 で、とうとうダイソー参戦してきたな、という感じ。

 しかしまだまだ改善の余地はあるなという具合で、
 ひきだしの開け閉めの噛みあわせが悪かったり、
 ご覧の通りつまみの位置がひどいです。
 せめてまんなかにしてほしい……
 あとしきりつきのもあったんですが、凄いがたがたなのしかなくて断念。
 次に入荷する時はもう少しよくなっていると信じたいですが。

 0607_01.jpg

 ということで力業でツマミをとりました。
 どうせひっくり返して使うので些細なことは気にしません。
 軽くやすりをかけて気になるところを綺麗にしたら、塗ります。
 私はホルベインのアクリル絵の具とダイソーの白アクリル絵の具を使っています。
 単に中学時代に買ったのがホルベインだったので、
 なんとなく続けて買っているだけで特に理由はありませんが。

 カントリーウッドガーデンさんの家具に合わせたいので、
 白と茶色を塗っていくことにします。
 なるべく色味が合うように何色か混ぜて……

 0607_03.jpg

 塗りおえたらこんな感じです。
 まーまー似た色になったので満足しました。
 カントリーウッドガーデンさんのほうは汚し加工が入っていますが、
 私がやってもただ汚いだけなのでやめておきます。

 0607_02.jpg

 ツマミ再利用でもいいのですが、ばりっと剥がしたために接着剤べったりで、
 流用しづらそうだなぁと思ったのでセリアのつまみにします。
 取っ手使うのもいいかなとか、そもそもピンで代用もかわいいかも、
 とかも思いましたが初志貫徹でつまみにします。
 ダイソーのピンバイスで穴を開け、L字型のドライバーがないので四苦八苦しつつ……

 0607_04.jpg

 完成したわけです。
 いいじゃないか、と自画自賛しています。
 手がかかった分愛着もありますし……

 ちなみにこちらのリペイントは、
 わがままのひとりごと様の家具が充実してきましたを参考にしました。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年05月20日

久々レジン

 撮影するのって難しいですね……

 0520_01.jpg

 はこの和さんで買った土台にマニキュアを適当に宇宙っぽく塗り、
 UVレジン(今回はダイソーではなく)を流して固めました。

 土台が素敵な宇宙だったので、他には手を加えていません。
 ラメを入れた程度で、パーツはなにもなし。
 でも十二分に綺麗になったんじゃないかなと。

 0520_02.jpg

 実物はもうちょっとちゃんと盛ってあります。
 見た目はあんまり変わらないかもですが……
 まだ金具をつけていないのですが、なににしようかなぁと。
 大きいのでバッグチャームかネックレスか。
 タイバニイベントの時につけていきたいところです(笑
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年04月07日

ダイソーではじめるUVレジン−型に入れる

 今回は型に入れてつくるやりかたです。
 型はシリコンのものが一般的ですが、ダイソーでも手に入る、
 おゆまるを使ってつくってみようと思います。

 まず、裏面の記述どおりにおゆまるを柔らかくします。
 流石に食用の鍋で煮るのはどうかと思うので、
 プリンカップなどにお湯とおゆまるを入れることが多いです。
 くれぐれも火傷に注意してください。

 おゆまるが柔らかくなってさわれるくらいになったらほどほどの厚みで平たくします。
 形が面白いものならなんでもいいのですが、ここはダイソー繋がりにします。

 0405_01.jpg

 ということでチャームの中から薔薇を選び、丸カンを通す部分はニッパーで切ります。
 おゆまるで型をとる場合、細かい部分は厳しいのでとったほうが無難です。
 ただ、結構切った金具がはじけ飛んだりしますので、ご注意ください。

 準備ができたら、薔薇のパーツをおゆまるに押しつけます。
 しっかり冷えて固まるまでそのままにしておいて、型から外すとご覧のとおり。

 あとはこのおゆまるにレジンを流して、前の記事と同じように、
 ラメやら好きなものを入れていきます。

 ここで気をつけなくてはならないのは、おゆまるやシリコン型の場合、
 反対むきになる、ということです。
 レジン作家さんは球形のものでも凄く繊細に何層にも重ねていますが、
 私は絶対無理なので、この手のものは出たとこ勝負でざくっと入れてます。

 0405_02.jpg

 ……のでまあ、ムラが出たりします。
 結果こんなふうになりました。
 ちょっと見えづらいですが、実物は結構かわいいです。
 穴をあけてヒートン通すなりすれば小さなチャームとして使えます。

 ということで、数回にわけたダイソーレジン話はこのあたりで終了です。
 私自身まだまだ実験をしている身なので、
 こういう記事は偉そうだなぁと思わなくもないのですが……
 少しでもお役に立てば幸いです。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年04月05日

ダイソーではじめるUVレジン−チャームを使って

 さて、いよいよ実際にレジン作品をつくってみます。
 といっても私も上手なわけではありません。
 あくまでこういう方法があるんだな、くらいで。
 使用するのは先の記事に出てきていたチャームと、ネイル用のラメパウダーです。

 0331_04.jpg

 まずはパーツをこのようにクリアファイルかケースに固定します。
 このチャームの上にある、空洞部分にレジンを流そう、というわけです。
 固定しなくても構いませんが、途中で動かしたりすると液が漏れるので。

 準備できたらUVレジンを薄く塗ります。
 短気なかたは一気に流してもいいですが、全体行き渡る程度にして、
 一度硬化させれば土台ができますので、こぼれる心配がなくなります。

 ちょっと写真はないのですが、薄く塗って土台ができたら、その上に好きなパーツを乗せます。
 ここではラメパウダーを入れました。
 個人的に目標の量より少なめに入れてからパウダーをふりかけ、
 爪楊枝でぐるぐる回すほうが好きですが、このあたりはお好みだと思います。
 小さめのシールを貼ったりしてもいいでしょう。
 縁にこぼれたレジンは除光液を浸した綿棒などでとったほうがあとが楽です。

 0405_03.jpg

 完成するとこんな感じになります。
 左側、ちょっとラメの広がりが微妙ですが……(汗
 画像を見せたら「魔法少女のステッキみたい」と言われました。なるほど!

 ステンドグラスもどきというか、透明な部分を残しておいたほうが、
 透けた感じがいいんじゃないかなと思います。
 でも土台をつくってからマステなどを全面に貼るのも楽しそうです。
 その場合大きめに貼って切るほうが確実ですが、一緒に土台を切らないよう要注意。

 こぼれたレジンを拭きとるのをサボると、左のようにちょっと残ってしまいます。
 カッターナイフかデザインナイフで削れますが、
 本体の塗装まで剥がれる可能性がありますので、事前にやるほうが安全です。
 ちなみにレジンを盛るのに失敗しても、カッターでまんなかへんに切れ目を入れれば剥がせます。

 クリアファイルからはぺろっととれます。地味にこの瞬間が好きです(笑
 固定していてもはみでたりしていますので、
 そこは裏からカッターで綺麗に切ると見栄えもよくなります。

 ひとつ問題になるとすれば、右側のチャーム、丸カンなどを通す部分がなくなることです。
 硬化させる前に入れておく(ただし丸カンも固定されてしまいます)か、
 完全に固まってから穴をあけて通すかどちらかになります。
 ちなみにダイソーには細いピンバイスも売っていますし、
 キリでも細いドライバーでもいけるとは思います。

 穴のあいたチャームであれば大体なんでもできます。
 あまり小さいと液を流しづらいので、ある程度大きいほうがいいかな、と思います。
 ちなみに、この方法はセリアなどで売られている空枠にレジンを流す方法とほぼ同じです。
 
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年04月02日

ダイソーではじめるUVレジン−材料編

 さて次は材料です。
 といっても最低限のみの紹介ですが……

 0331_02.jpg

 土台というかになるものはこのあたりでしょうか。

<シリコンカップ>
 上記はバレンタイン時期に山ほど売っていたのですが、今は見かけません。
 期間限定だったのかも……
 シリコンでしたらおかずカップでもいいのですが、大きいのでUVにはむきません。
 ダイソー外では無印良品や、大きいですがハンズのおもしろ氷など。
 シリコン型という名前でレジン・粘土用につくられているものもあります。
 画材屋やハンズなどのハンドメイド店にあります。

<おゆまる>
 これで型をとることで好きな形をつくれます。
 こちらは後述します。

<一部のパーツ>
 こちらも後述しますが、一部のパーツを使ってちょっと面白いものがつくれます。
 見たほうがはやいと思うので後日の記事を参照してください。

 その他ダイソーでは手に入りにくいものも紹介しておきます。

<セッティング台・ミール皿>
 名称は大体上記のどちらかです。
 ダイソーですとアクセサリーパーツセットの中に入っている、
 ハートと丸の台座のことです。
 ここに盛るやりかたは、あまり使用する量が多くないのと、
 何層にも重ねていったりするので、UVレジンのほうがむいている、というかたもいます。
 ですがダイソーのセットは、私の知るかぎり一店舗でしか見たことがなく、
 おまけに毎回買っていると余分なパーツが増えてしまいます。
 なので、ここでは手に入りにくいものに分類しています。

 セリアにはこのセッティング台や、外側だけでまんなかの空いた枠などが売っています。
 キャンドゥのくるみボタンは縁があるので、レジンを盛ることもできます。
 その他発想次第で色々できるんじゃないかと思いますので、
 これどうだろう、と思ったら是非教えてください。

 あと今時逆に珍しいですが、ビールなどのおうかんはレジンに使えます。
 ちなみにセリアにおうかん型の土台も売っています。

 0331_03.jpg

 レジンの中に入れるものですが、これはぶっちゃけなんでもいいです。
 なまものは腐る可能性があるのでオススメできませんが、
 ドライフラワーなどなら大丈夫だそうです。
 とりあえずダイソーのものだけ写真に撮ってみました。

 紙類、布類、マスキングテープ、シール、ネイル用のラメパウダー ……などなど。
 大きめの土台に歯車やパワーストーンを使うかたもいます。
 樹脂が染みこむので濡れやすい大きなものはちょっと下準備がいります(木製品など)
 これはもう趣味でどうぞ! としか言えません。
 
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年04月01日

ダイソーではじめるUVレジン−道具編

 ということで、興味がある、と数名から暖かい言葉をいただいたので、
 こんな記事を書いてみようと思います。

 ダイソーで売られはじめたUVレジン。
 あちこちのブログで話題になっていて、興味を持ったかたも多いのではないでしょうか。
 手軽にはじめられるという意味では、いくらかのマイナスポイントもありますが、
 ダイソーレジンはとてもちょうどいいと個人的には思います。

 でも、じゃあどうすればいいんだろう、というかたもいると思うので、
 諸々すべてダイソーで揃えてはじめてみよう、という趣旨です。
 なので、基本的にダイソーで手に入るものしか紹介しません。

 まずは道具編。

 0331_01.jpg

<UVレジン>
 紫外線で固まる樹脂のことです。
 太陽光に当てるか、UVライトを使用して固めていきます。
 ダイソーレジンは硬化時間がもの凄くかかりますので要注意。

<爪楊枝>
 気泡をとりのぞいたり、細かなパーツを配置するのに使います。

<ニッパー>
 パーツを切るのに使います。なくてもなんとかなりますが、
 巷で人気のチャームを封入するものだと、必要になります。

<ピンセット>
 細かいパーツを使う時にあると便利です。

<除光液>
 こぼれたレジン液を綺麗にふきとるには、除光液が便利です。
 綿棒などがあればなお楽です。がティッシュでもどうにかなります。

<ボンド>
 紙類を使う時、ずれないように接着しておくと失敗が少なくなります。
 なくてもどうにかなりますが不器用な私には必須です。

<透明マニキュア>
 簡易接着剤の代わりだったり、コートに使います。
 紙物をレジンに使う場合、塗っておいたほうが綺麗に仕上がります。

<UVライト>
 ジェルネイル用が便利です。懐中電灯のような小さいものがありますが、
 あれでは硬化しないらしいので、オススメはしません。
 某楽天ショップで安く買いましたが十分使えます。
(ちなみにその際ネイルセットにすると、ラメパウダーはレジンに活用できます)
 私は短気なのでこれなしでは作業ができません。

<書類ケース>
 よくある透明なケースです。別に書類ケースでなくても、
 透明でポリプロピレン系ならなんでもかまいません。
 上記の素材にレジンはくっつかないので、
 この上で作業すればこぼれたレジンは硬化したあと簡単に剥がせます。
 木材などの上にこぼすと最悪削ることになります……(経験談
 なんでもいいのですが、上が透明でないと光が十分にとどかないので要注意。

 思ったより長くなったので材料編は次の記事に。
 
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年03月24日

レジンの星

 前の日記でダイソーレジンとUVを比較すべくつくった星ですが、
 その後ちゃんと使えるように仕上げました、という話。

 0319_04.jpg

 こんな感じで、再度シリコンの中に入れて、ラメパウダーをふりかけ、
 レジンを注いで硬化させました。
 なので横から見ると線が入っていて、あ、ここからパウダー入れたんだな、
 とわかるのですが、べつにそれくらいいいかなぁと。

 ただこれ、迂闊に穴を開けるとレジンが真っ二つになる可能性があるのですよね。
 見栄えは悪くなりますが、背面に9ピンくっつけたほうがいい気がします。

 ちなみにひとつだけ薔薇のネイルシールを入れたのですが、
 ラメが目立ちすぎて全然わかりません(笑

 こうしてしまえばダイソーレジンも通常のものも、あまり違いはわかりません。
 あとは使ってみても変色と耐久性ですかね。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年03月19日

ミニチュアの香水

 本当はドールのほうに書くべきなのですが、人形出してる暇がなくて。

 ミニもの 〜 ドールハウス・ミニチュアフードの情報サイト 〜様を参考につくってみました。
 記事は【ミニチュア小物】誰でも簡単にできる香水瓶の作り方 です。

 0319_01.jpg

 上記に詳しく書いてありますが、まず、百均で買ったお弁当ピックをニッパーで切りとりました。
 素材的に似ているので、プラモ用でうまいこと切れました。
 で、プラ接着剤があるのでプラパイプがあればよかったのですが、
 近所に一本から売ってくれる店がなくて。
 模型店ならあるはずですが、閉店しちゃってるのですよね……
 ということで画材屋で3mmの木の棒を買ってきました。
 バルサだと流石に折れそうなのでもうちょっと丈夫なほうを。

 で、それを切って大体水平になるようにやすりがけして接着、なのですが……
 プラ素材と木材です。接着剤的に相性最悪です。
 なので、ダイソーレジンで接着することにしました。
 ダイソーのものは粘りけが高く流れていかないので、
 てっぺんにちょっと多いかな? くらいつけて、その上に木を乗せて、UVライトに十分以上当てます。

 あとは手持ちのガンダムマーカーでさくっと蓋的なものを塗れば完成。
 なかなか簡単なわりにそれらしくて満足です。あとはラベルですが……うーん。
 ちなみに乗せている台はドール用ではなく、ハムスター用です。
 ダイソーで見かけて、これドールサイズだ! と買ってきました。

 あと丸いのが残っているので、底にレジン垂らして転ばないようにしてみようかなと。
 折角なので全部使いたいですし……

 でもつくってる間に二個ほどすっ飛ばして行方不明にしたので、またどこかで買いたいです(汗
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年03月16日

アリスモチーフ

 不思議の国のアリスというのは、女性には大人気だそうで。
 正直当方はあんまりそういう感覚がないのですが……
 だってロリコンっていうわりに結構大きいし(そこか
 とまあ若干アレな発言はさて置いて。

 0113_01.jpg

 ネイルもネイルシールも好きなのです。
 でも仕事の都合でネイルはできません。
 レジンに使えるとわかって、凄く嬉しくて買っている面もあったり。

 というわけで試作品。アリスモチーフです。
 アリスのネイルシールをぺたぺた貼って、
 プチトリさんで購入した兎モチーフをでっぱらせて。

 思いっきり気泡が入ってしまったのですが……
 アリス好きの友人に押しつけました。
 じゃらっとしたのが好きらしいので、今度は小さいモチーフでいっぱいつくって、
 繋げたほうがいいかもしれません。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年03月07日

ダイソーのUVレジンとアクセサリーパーツセット

 噂の品を入手してきました。
 三軒回ってやっとだったので大分疲れましたけど……

0306_03.jpg

 UVレジン5g入りです。
 レジンというのは固まる透明な樹脂のことで、
 最近流行の封入系アクセサリーは大体こういうものでできています。

 UVとついているものは紫外線で固まります。
 太陽光線ですと時間がかかるので、ネイル用のライトを使うのが一般的。
 これ以外に二液を混ぜるものもあり、こちらは時間がかかりますが透明度が高いです。
 あと、UVより断然安いのでたくさんつくる場合は二液式と言われています。

 という説明はこれくらいにして。
 太陽の滴というUVレジン液が25gで1500円くらいなので、
 三分の一くらいの価格ということになります。

 0306_04.jpg

 で、こちらがアクセサリーパーツセット。

 0306_05.jpg

 中身はこちら。
 一応ストラップとネックレスっぽいものを一個ずつつくれるようなセットです。
 でもこのミール皿、百均品質らしく薄いです。
 流しこむ部分の厚さもないし、本体もかなり薄め。
 ただ、透明シートの図柄は結構かわいいと思います。
 とりあえずやってみたい、というかたには、これでも十分面白いと思います。

 ということで試してみました。

 0306_01.jpg

 ちょっと土台にレジンを流したあと放置したために沁みてきたので、
 誤魔化すために手持ちのラメパウダーをふりましたが、
 それ以外は先ほどのセットにあるものを使っています。
 チャームは一緒にぶらさげる用みたいですが金具部分切って埋めてみました。
 母にはでかすぎ! と言われましたが……(笑

 土台の紙を敷いてちょっとレジンを流して硬化。
 チャームとシートを貼ってさらに盛って硬化させました。

 0306_02.jpg

 横から。……盛ってるの見えますかね?
 黄色っぽいと言う噂で、たしかにそんな感じもしますが、
 こうして台紙やらつけてつくる分にはわかりません。
 黄色くなっていく速度がはやかったり、劣化が激しかったりするかもですが、
 それはこの先使ってみないとわかりませんし……様子見ですね。

 ただ、硬化が凄く遅いです。
 UVライトを使うと普通は二分ほどで大丈夫なのですが、
 ダイソーレジンは五分以上置かないと駄目そうです。
 太陽光だともっとかかるかも……
 硬化していない状態でうっかりさわると指紋がつくので要注意です。
 手についた分は除光液が一番楽に落とせますが手荒れの危険もあるので、
 肌の弱いかたは手袋の着用をおすすめします。
 あと、レジンは独特のにおいがありますので換気もしたほうがいいかなと。

 とりあえず自分用につくるとか、試作してみるとか。
 そういう用途なら惜しげなく使えていいんじゃないかなと思います。
 二液レジンですと完成に時間がかかりますから、
 具合を見るには多少時間が遅くてもUVのほうが断然楽ですし。

 あとは時間経過ですね。変化があったらお知らせします。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年02月04日

レジン:薔薇

 0116_02.jpg

 懲りずに薔薇を使ったものです。
 まあ、言わなきゃわからないレベルですが、だからこそ気軽につけられるかなと。
 ひっそりと自己満足というか……

 今回は青いラメを散らして、雪の結晶と、大きめの薔薇パーツをずらして置きました。
 この、ちょっと枠からはみでた感じが簡単につくれるのは、
 UVレジンの強みではないかと思います。
 これを二液式でやるとなかなか大変ですが、UVならライトで速攻ですから。
 なかなか立体感が出ていいんじゃないかなーと思うのですが、ひとつ問題が。
 パーツが重たすぎて、普通にチェーンで首にかけると、斜めになってしまいます。
 なのでチェーンに細工をして、反対側にビーズなりをつけて重さを均等にしないと、
 ……と思ってまだいいチェーンもないのでそのままです。
 今度またパーツ屋さんに行かねば……
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年01月16日

レジン:現実逃避

 原稿の合間にUVレジンを試しています。
 某ネットショップで安いライトをついに買いました。
 たしか一昨年くらいから悩んでいた気がします。
 ライトだけとネイルセットつきとまた悩んで、結局ネイルセットにしました。
 ジェルネイルをやる予定はないのですが、ラメパウダーなどが入って、
 送料無料となると個別に頼むのと値段が変わらなかったのです。
 UVレジンは近くの画材屋で購入して、いざ挑戦。……したのはあとでお見せします。
 今日はプレゼントすべく形を整えたものを。

 0116_01.jpg

 祖母にあげるネックレスです。
 年明けにつけていったら欲しい、と言われたので。
 コーラスに通っているので音符を入れて、
 地色はちょっとだけ赤を含めて大体なににでも合うようにしました。
 あとはレースっぽいネイルシールだけで、あんまりごてごてでないように。

 気にいってくれればいいんですが……
 なにせはじめてひとにあげるためにつくったので、勝手がわかりません。
 相手の趣味とかもありますしね。

 そしてこうしてつくっていたら、母にもねだられたので、
 そちらの写真も後日……まだチェーンにするか紐にするか決めてなくて。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年01月07日

レジン:小さなチャーム

 1218_04.jpg

 プチトリさんで買った二センチくらいのチャームです。
 動物の輪郭な感じで中にちょっとへこみがあったので、
 マニキュアを塗ってネイルシールを貼りました。
 流石に小さいのでそれ以上のものは置けなくて。
 でもそれが逆にこぢんまりした感じでいいかな? とも思います。
 猫のほうのうっすらグラデーションがお気にいり。

 でもなんだかくすんでいるのでコンパウンドで磨くつもりです。
 そこそこぷっくり漏れて、なんだかグミかゼリーのようにも見えておいしそうです(笑
 このパーツこれしかなくて、また入荷してくれたらいいなぁと思いつつ。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2014年01月06日

レジン:ブルーローズ風

 つくったのは去年です、冬コミに間にあわせたくて。
 まあ結局ヘアピンしか使わなかったのですが……

 1222_02.jpg

 ということでそのヘアピンです。
 プチトリさんで購入した土台に、
 サフ塗ってマニキュアでグラデーションつけて、
 パーツクラブの青い薔薇のビーズと、
 ユザワヤで買ったデコ用の青い石と、
 セリアのネイルシールを貼りつけました。

 実は斜めになってしまってレジンが綺麗に水平に盛られていません。
 こういうのってどうしたら角度を保てるんでしょうねぇ。
 園芸用のぶすっと刺すやつ買おうかとも思ったのですが、
 あれは立てて使うものですし(主にスプレー塗装に使えるそうです)
 ……あ、いや、割り箸立てて挟めばいいのかも?

 あとネイルシールの金色が妙に浮いたりもしていますが、
 これはこれで味があると信じこむことにします。
 青いソーダみたいな感じが出たのでかわいいかなと。

 1222_01.jpg

 こちらが同じモチーフでつくったネックレス。
 私は他の作家さんのように、ものづくりにおいては「自分の世界」を持ちません。
 小説書く時なら出てくるんですけどね……
 ということでなにかしらの主軸がないと、なんにも思いつかないのです。
 なのでブルーローズを考えて、彼女に合いそうなパーツを集めました。
 使わなかったものの中には、音符、鳥籠の鳥などもあります。

 ということでこちらは、セリアの土台に、
 やっぱりサフを塗ってマニキュア塗って、
 セリアの四個セットのひとつである薔薇チャームと、
 パーツクラブの雪の結晶、ネイルシールで王冠を貼りました。
 王冠は見えなくなってますけど気にしない。

 ほんの少し薔薇の表面がレジンから出ているので、
 立体感が出ていい感じに見えます。
 水色ってどうしても薄くなってしまって、
 何度も塗り重ねたのですがその甲斐はあったなぁと。

 余談ですがこれを祖母に見せたら欲しい! と言われたので、
 原稿の合間に用意をしています、あと何個かつくったら流す予定。
 なにせ二液式なので数つくっておかないと液があまるのですよね。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2013年12月23日

レジン:シリコンカップに

 1218_05.jpg

 最近よく売られているお弁当のシリコンカップに入れたものです。
 前にも失敗編でちょっと出てきたものと同じ型です。

 どれもクリスマスのシールを入れてあります。
 いくらかレジンを注いで一晩置き、ある程度固まったところでシールを設置しました。
 そのまま入れると斜めになったりしたので。
 でも時期のせいか一晩では固まっておらず、微妙に歪んだりしています。
 気泡がちょっと残ってしまったり色々課題はありますが、
 これはこれでなかなかかわいいんじゃないかなと。
 ストラップにしてツリーに飾ってもいいし、ヘアゴムやブローチでも。

 ただ表面に細かな傷ができてしまっていて、
 シリコン型についているのでどうにもならず、
 コンパウンドで綺麗にしましたが、結構がっつり傷があるので、
 厚めにつくって削るつもりでいないと無理かなぁと。
 自分で使う分にはいいんですが。
あおつぼ | コメント(0) | てづくり

2013年12月20日

レジン:ミール皿の下地

 ということで色々試してみています。
 あちこちのブログなどでも書いてあったりしますが、
 自分で実践してみるのが一番いいかなぁと。

 1218_01.jpg

 というわけでこちら。
 右は塗料、左はマニキュアを下地として塗ったものになります。
 色は勿論どちらも白。マニキュアのほうは二度ほど塗りました。
 その上に塗ったマニキュアの色と回数は同じです。
 こうして見ると、右のほうが薄明るくなっているのがわかると思います。
 左は雰囲気が出ると言えなくもない……かな? という感じ。
 なので今は塗料を塗っています。
 ちなみに家にあったものを使ったので、Mrベースホワイト1000です。
 これから買うかたはジェッソ(下地剤)や白いシールのほうがいいと思いますが。
 このあたりはお好みによるのでしょうね。

 ちなみにネイルシールを貼りつけたものなのですが、あんまり見えないです……
 実際に見てもキラキラ光って今ひとつわかりません。
 ……ので、作品としてはお世辞にも成功ではないのですが、
 目立たないというのもわかったので収穫と思うことにします。
 ちなみにひっそり薔薇と水色でブルーローズ風味です(笑
あおつぼ | コメント(0) | てづくり