2013年04月25日

名探偵コナン 絶海の探偵〈プライベート・アイ〉感想

 なぜ観に行ったか?
 脚本が櫻井だったからです(笑

 概ね好意的な感想です。
 続きを読む
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2013年04月20日

相棒シリーズ X DAY 感想

 概ね好意的な意見です(笑

 続きを読む
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年08月03日

タイバニ十八話感想

 兎が大変でしたが虎はそこまでではなかったので、
 虎のほうが好きな私はちょっと気が楽でした。
 十話から数話は生きた心地しませんでしたからね……

 にしても、片づけるのがはやすぎませんか、虎さん。
 ヒーロー引退するとなれば今日の明日になるはずもなく。
 言いづらいというか、言いたくないから、なのかもしれませんけど。
 辞めると決めて少しすっきりした様子はあったような。

 でなければ言いかたに格好つけなんてできませんものね。
 そのわりに理由を言いたがらないところが……
 どうして知られたくないのか、は次で明らかになりますかねぇ。
 見栄だけだったらちょっと……ですが。

 そしてばりばり立つ薔薇→虎フラグ……
 しかも周知の事実になっている。
 空でさえ勘づいているということは、相当あからさまな。
 うーん。虎薔薇は好きですが現状でどうこうはなってほしくないです。
 二十歳すぎてからなら万々歳なのですが。

 そしてみんなから愛されている虎。
 落ちつかない様子なのは、そんなに好かれていると思わなかったのか、
 引退しなくてはならない状態だからか?

 ここで引っかかるのは牛にすら教えていない点。
 牛の回がまだのこともありますし、今後が気になります。

 そして病院へ行く虎。
 この病院は例の時にヒーローがいた場所と同じなのでしょうか。
 屋上のシーンからしてタイタンインダストリーっぽい建物が奥に見えるので、
 中心部から少し外れたゴールドステージかな? と思いつつ。

 そして明かされる衝撃の事実。
 どちらかというと彼の格好よさと彼女の年齢にびっくりです。
 若く見積もってもさんじゅう……
 そして彼はどうしてあんなちんぴらに。
 閉じこめられていた反動なのでしょうか……
 あれで息を引きとる彼女は妙すぎますが、そこはまあ……置いておいて。

 混乱する兎さん。これはまずいだろう……という状態。
 とても言いだせないよなぁ、と思ったらもっとえらいことに。
 そして娘に怒られ……
 にしても磁力は誰のものなのやら?
 学校の同級生という可能性もありますけど……
 虎の第二の、だったらいいですが、難しいでしょうし。

 眠ることもできず混乱したままの兎。
 次話はおじさんがお世話話……?
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年07月27日

タイバニ十七話感想

 前半の駄目父っぷりが……
 Tシャツにデニムシャツは大変かわいいおじさんですが(笑
 娘への喋りかたといい、一年以上まともに会ってないんですね。
 子供の一年は大きいですよ……いい父親とはとても言えないなぁ。
 意図的なのでしょうけれど……うーん。

 今回の虎はお父さんではなく、ワイルドタイガーでもなく、
 子供みたいですよね、弟であり子である。
 にしても靴も違うあたりがおしゃれというかなんというか……
 むしろ実家にあるのは学生時代の服かなとか。

 そして友恵さん登場。
 短いのが残念ですが……うーん。想像ふくらみますね。

 色々犠牲にした自覚はあるのですね、虎。
 思いすぎなくらい? 方向が違うかもですが。
 まあ、負い目に感じて間違った方向に気遣いが行くのは往々にしてあることです。
 距離がつかめないから、どうしていいのかもわからない。
 とりあえず喜びそうなものを渡して、っていうのは典型例ですよね。

 祖母の腰をいためて〜からのやりとりにしても、やっぱりものすごくズレている。
 近くに子供がいないからなのと、虎は次男だからなのでしょうねぇ。
 娘の不安がわからない。

 にしてもお兄さんまめですね。
 配達、って嘘に違いないのに……(笑
 同居はしていないっぽいですね、しかも独身なのだろうか。

 虎には虎の生きかたがあるのは勿論なのですが……
 このあたりは個々人の感覚ですけれど、父親であることが抜けてないかなぁ。
 まあ、わざとの描写でしょうけど。

 そして楓の危機。
 にしてもこの田舎、典型的な映像ですねぇ。
 そしてPDAにタイマーあるなら前も使えば……
 3:45なんだな、という切なさを感じつつ。

 ジェイクの時に超聴覚、と言ったのは、あながち適当ではなかったのかも?
 長い経験の中でこうした使いかたがあったのだろうなぁと。

 今度こそ娘を助けたかったんだろうなぁ。
 一話の記憶が残っていたのでしょうけど……

 にしても先だっては車で行こうとしてませんでしたっけ。
 大会でくることもあるのだから、そう遠くないのでしょうけど……
 位置関係と燃料が謎すぎます、あの世界観。

 楓の能力発動に喜ぶ姿に若干違和感も覚えたり。
 自分が苦労したのに?……娘だし、これから側にいるから、
 問題ないと思ったのか、血のつながりを実感して嬉しいのか。
 ううーん……

 個人的には話のもっていきかたに「?」となりましたが、
 作画は綺麗でしたし、なにより虎の濡れた下ろし髪に大喜びでした。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年07月20日

タイバニ十六話感想

 なんという衝撃の回……
 作画が綺麗だっただけに切なかったです。

 最初の場面は「?」となりつつ、
 新記録樹立の兎さん、その一方で虎は……
 きちんと計測しているあたりが凄いです。
 そして相棒として信用しているから、
 隠しつつも立ち回っていける。
 以前なら考えられない連携ですねぇ。

 そして月は力が切れていることに気づいた?
 いまいち退場の理由がつかめませんが……
 兎が記録を塗りかえたから?

 授賞式での傍若無人な虎が……せめて取り皿を!(笑
 ジャケットはいつもあの色なのですねぇ。
 女性陣はちょっと服装が違うのに。
 作画の都合なのかなぁと思いますが、
 折角なので黒いスーツ姿とか見たかったなぁ……
 兎のボタン多すぎ赤いスーツは似合うけどやっぱりギャングに見えます。
 当方の趣味としてはやはりネクタイにスーツ……

 いちいち兎の声のかけかたがおかしいと思います。
 どこを目指しているのかと……
 そしてマベさんに恩返し、と言いますが、
 やはり彼の話す過去はどうもおさまりが悪い気がしますねぇ。
 それに親代わりならこんな復讐劇全力で止めるでしょう。

 虎の願いは一見ささやかですけど……大事なんじゃないかなぁ。
 小さい、と言う兎は、そのへんがわからない、という感じでしょうか。

 そして必死に鍛錬する虎。
 知れる驚愕の事実。……つ、月さん。
 いるのかいらないのかわからないサービスシーンの驚きが瞬殺です。

 虎の髭ってレジェンドへの憧れもあるのかな?
 ちょっと似てますよね、あれ。

 ベンさんが色々詳しいのは出版社だから、なのでしょうけど、
 ちょっと厳しいかもなぁ……
 ジェイクの件まで握りつぶせるものなのか?
 こうなると裏になにかあるのかも、と勘ぐります。
 そして虎の移動は車なのですね、前からでしたっけ?
 よく兎に乗せてもらっているので基本は電車かと思ってましたが。

 徐々に失われていく力、言われなくてもわかっている現実。
 でも……という葛藤がよく出ている回でした。
 最後の部分での落下と、対照的なスターとなっている相棒。
 お姫様抱っこがくるんじゃ、なんていう甘い希望は、
 無惨に破れたのでちょっとへこみましたけどね……

 にしても公式で東洋人の若さ恐い! が出るとは。
 髭は童顔隠しもあるように見えてなりません。
 前回の乱れ髪より破壊力が……いえそんな喜んじゃいけないのでしょうけど。

 次回は回想と家族の回のようですね。
 美容院二度とか言った次の瞬間、甘い声でおじさん呼びは卑怯です……
 うっかり嬉しくなりました。
 ……そこくらいしか笑えるところがなかったとも言いますが。

 元気が出るアニメという発言を信じて一週間待つのがつらいですねぇ。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年07月13日

タイバニ十五話感想

 毎回三十分にこれでもかと詰めこんできますねぇ。
 熱心なおじさんはその後の顔で台無し……
 なんだあのにやけ顔、と思った直後の兎の科白。
 ……どこへ行くのでしょうか、彼ら。
 勿論普通に考えるべきなのでしょうけれども、
 毎度アレコレとんでもないので困ります。
 前半の水着が必要だったのか小一時間問いつめたいですが。
 しかもトンデモ柄だし。
 その後お正月特番の、という科白と十ヶ月からして、
 季節は前半と同じくらいの秋〜冬でしょうに、なぜ水着……
 写真集でも出すんですかねぇ……

 で、今回……うーん。
 正直スカイハイが一目惚れするあたりが若干微妙な気も。
 まあ、一目惚れに理由を求めてはいけないのですが。
 ジョンが吠えたのは人外へ対する警戒なのかなと。

 空の能力発動は十八歳。
 兎は二歳。……四歳の記憶ですよねぇ。
 ちょっと記憶鮮明すぎないでしょうか。
 研究所の時の記憶も写真も……
 写真は研究所のデスクから、という可能性はありますけど。

 なんでも楽しいという兎はどうなの、と虎と同じ反応をしたく……
 紙の手帳と渋いのは、父親の影響かもですね。
 PDA使ってそうな印象ですけど、兎。
 虎は……使うほど今まで予定がなかったでしょうし。

 そして女子会! 楽しそう〜
 空のパトロールは凄いですねぇ、当時から、とは。
 ……それを知ってる姐さんも流石ですけど。
 そして拗ねる青薔薇は大変おいしゅうございました(笑
 恋話に龍も混ざるのはちょっと意外でしたが、かわいいのでよし。
 ……折紙の出番は……?(汗

 空回りっぽい空の頑張りと、女子組のかわいい感じと。
 自分がされて嬉しいことのような……間違ってはないですが。
 特に青薔薇、それは難易度が高い(笑

 子供たちへのインタビュー……
 兎の親の話はあとで聞いたことなのでしょうけれど。
 研究所の記憶って……うーん。
 守秘義務ってどうなってるんだろう。
 虎の無邪気な感じは対比かもしれませんが、
 気になるのは父親の話題ってないなぁ、と。
 生まれる前からいなかったのかな……と邪推します。
 それだと能力に対する不安と、レジェンドへの憧れも納得するので。
 レジェンドはヒーローとしても、父親としても、
 彼にとってなくてはならない存在なのかな、と。

 ヒーロー論をかざす虎、でもこの場合は正しいですねぇ。
 兎は虎に優しくなっていたので軽い窘めだけなのも、一期と違うところですね。
 でも冷淡すぎる反応が……今の兎がヒーローを続ける理由は、
 救いたいから、とかよりも、なのかな? と思わせます。
 空のへこみ浮上は自己完結っぽい感じですが、まあ……これはこれで?

 そして助手席率の高さ。
 自然に送ってもらえるようになったんですねぇ(笑
 虎送ってから自宅へもどると遅くなる気もするのですけど。
 上層階へ行くには、多分ぐるっとまわらないと、ですよね?
 高速道路のあんな感じ……とか。
 途中までかもしれませんけど。

 そしてシスの暴走に直撃。
 霧、の意味かなぁ、と検索して思いましたが、どうでしょう。
 システム、だと流石に面白くない……

 あと兎、誰彼お姫様抱っこはどうなの(笑
 まあ、あれが一番抱えやすいのでしょうけど。
 そしてやっぱり身体能力高いですね、二人とも。

 特になにも言わずに同時発動。……なんて相棒。
 個人的に受け身をとる時の体制が綺麗で好きです。
 ……マニアックですが。

 そして作画というか脚本のせいでしょうけれど、
 虎があれだけやられているのに兎……(汗
 もうちょっと、作画でどうにかしてほしかったです。
 虎が攻撃しにくそうなのは、同情とか……そういうのですかね?
 ひとを守ることはしても、傷つけるのはしたくなさそうで。

 兎が叫んでいる間に虎、虎ー!(泣
 髪はいくらか固めていたんですねぇ、下ろした髪の毛かわいいです。
 ……流石東洋人、髭なかったら二十代で通りそう(笑
 見てみたいなぁ……

 兎は跳躍できるだけなので、飛行できない。
 そこに登場スカイハイ。
 彼は彼女の正体を知らないまま……切ないですねぇ。

 悩む虎に対して親のことでいっぱいいっぱいの印象を受ける兎。
 ……うーん。次回以降どうなるやら。
 そして眼鏡を外したのって……泣いた?
 兎さん感情の制御大丈夫なのでしょうか……

 花束を抱えてベンチにすわる空。
 当分通い続けるのでしょうね……
 終わらせかたとしては綺麗ですが、
 お話の中での悲劇は苦手なので、ここはなんとも。
 せめてお話だけは幸せいっぱいのほうが好きです。
 現実はそうそううまくいきませんし。

 そして最後、ベンさんとの会話。
 靴下左なんて聞き逃すほどの雰囲気に心臓がひやひやします……
 なんだか来週も虎が大変そうで、もう少し労って……!
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年07月06日

タイバニ十四話感想

 兎のツンはどこへ……? という状態でしたね。
 恥ずかしすぎて直視できません(笑

 とりあえずあの服装はギャングに見えます。
 似合ってはいるのですが……黒×赤って……兎さん。
 虎は色はいいですが帽子のためにやっぱりギャング。

 新OP、映像は素敵ですね〜
 折紙に笑いましたけど(笑
 あと、携帯の画像を見ているのは……やはり兎?
 最後に手にとるのは虎でしょうから、虎の携帯なのでしょうけど。
 いつのまにあんな笑顔を撮ったんだ……虎。

 インタビューは果てしなく新婚さんいらっしゃいでしたね。
 そして虎が四位……
 兎一位、空二位、薔薇か竜が三位、でしょうか。
 炎は攻撃力はありそうなのに、順位がふるわないのが謎ですけど、
 多分性格上でしょうね、ポイントに興味がなさそう。

 コンビネーションの上達は、兎が虎の扱いに慣れたからと、
 兎の冷静な指摘を聞くようになった虎の変化、でしょうか。
 頭ごなしに言われてもムキになる虎っぽいので……
 やんわりと、けれどはっきりと、かなとか。
 妻が生きていたころは、それは彼女の役目だったのでしょうけど。
 にしても公共の電波で愛称呼びは……

 そして青薔薇のさりげない嫉妬が入り、ユニット話。
 ここでも全開のバニデレが恐い……
 級友との会話が微笑ましいだけに、差が激しく感じます。
 酒店のタオルは多分お兄さんの? 兄がいるという噂ですし。
 だから焼酎が好きなのかも。シュテルンビルトにはあまりなさそうですから。

 そしていざ当日!……やっぱりズレる虎さん(笑
 ツッコミを入れる兎にちょっと安心しました。
 ここまでデレたら宇宙人にのっとられたのでは、と思います。

 で、犯人を追いかける算段……阿吽の呼吸になっている……!
 話数的に苦しいのはわかるのですが、
 使用前使用後を一話ですまされると、なかなかつらいものが。
 想像でなんとかしろ、ということなのでしょうけれど。
 虎徹呼びも自然になっていますし……
 個人的には普段はおじさん、ここぞで、が好みですが。

 虎の能力使用時に、赤くなっている瞳が気になります。
 ジェイクの時と似ている……?
 二種の能力発動なのか、それとも。
 巷では消える前の蝋燭、なんて恐ろしい話もありますが。
 能力百倍のさらに倍? くらい、代わりに接続時間が短くなる、
 程度ならいいのですけど……

 NEXT発生から四十五年ですが、レジェンドはすでに死亡。
 長年能力を使用した場合の危険性は、どこまで解明されているのか?
 このあたりが気になるところです。
 ……なんて真剣さも、デレた二人がぶち壊しですが。
 薔薇はともかく、兎の状態が、いきなりすぎるので信頼している、
 というより依存に見えてしまいます。
 盲信というか……今まで止まっていた時間が動いて、
 父親兼相棒兼、の虎にどっぷり、のようで。
 今後の展開で落とされそうです……
 最後は幸せな結末を祈りたいのですが。

 予告に関しては妙に棒読みだな、とだけ。
 ドコにナニを狙っているのかもうわかりません。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年06月29日

タイバニ十三話&PV感想

 今なら十三話までバンダイチャンネルで無料視聴可能だそうです。
 という宣伝をまずしておいて(笑

 心臓に悪い終わりかたでやきもきしていた一週間。
 見事に色々吹きとばしてくれました。

 折紙……どれだけジャケット好きなのか(笑
 車椅子ということは足に負担がかかっているのかも?
 まあ、病院って結構簡単に車椅子出したりしますが。

 ちょっと素が出ている炎に若干引き気味の女性陣(笑
 ということはこうして集まるようになってから、
 素を出したのは虎たちくらい? 余程がないかぎり気を遣っているようですし。

 赤い光の時は予知? なのかなぁ……?
 しかしこの能力、人間不信になるには十分ですよね。
 そういう意味では大変だったんだろうなぁ。
 ジェイクの発動条件は謎ですね。
 それとも常時発動系なのでしょうか。
 NEXT能力使用時の負担が不明ですよねぇ……

 そして無理をしようとする虎への薔薇の科白。
 イイ女予備軍らしいところが素敵ですねぇ。
 ふて腐れてベッドぼふんとか、虎さん子供みたい……
 そして右肩は治っているのですね……流石だ。

 そして女性陣(?)の出動。
 薔薇の年齢でバイク乗れるのかな……現代は十六ですっけ。
 にしても三箇所にむかうだけで、パワードスーツのすべてが破壊できる?
 それともジャミングで集めた? このあたりいまいち……
 他の場所のは軍と警察が頑張ったのもありでしょうか。
 でもこの形って、おいしいところをヒーローに持って行かれて、
 軍や警察は不愉快なのでは、とも思いますけど。

 クリームは前から恋人同士だったとすると、
 年齢にかなり……な点がある気がします。
 恐ろしくて言えませんが十五年前にすでに恋人同士であり、
 それなりの行動をしていたとなると……と。
 味噌汁だの玉露だのという時点で東洋系っぽいので、
 若く見える、と言いはるのかもしれませんが。

 そして虎の無茶ぶり発動。
 たしかにあの能力なら可能かもしれませんが、
 寿命縮まりそうで恐ろしい……一時間制限もありますしねぇ。
 で、どこに服と靴があったんだか……
 牛だけは気づく痩せ我慢、そんな友人関係がいいですねぇ。

 そして大変な兎。あの怪我どれくらいなのでしょう。
 能力発動すると痛覚なども若干減りそうですが……

 そして大泣き兎。
 声と映像が切ない…と思ったら、そしてそっと支える虎の登場。
 前半部分若干作画が荒れていましたがここからは安定の状態。
 しかも声がいいですよね。低い声で愛称呼び。
 誕生日おめでとう、の時もいい声でしたねぇ。
 真剣な時のあの声調がとても好きです。

 血……と呟いていましたが、
 包帯の位置とは合ってない……(汗
 内臓だったらおとなしくしておけおじさん! というところですが。
 大体あの色のベストだと目立ちそうなのですが、とか。
 どうしてもつっこみたくなってしまいます。

 そしてジェイクへの反撃。
 本名を呼ぶ虎の声。
 お約束ではありますがいいシーンでした。
 能力発動中なので、蹴り一撃でも骨を折るくらいになるのですねぇ。

 首をつかまえて理性を失いかけるけれど、
 背後にいる虎を見て冷静になる。
 敢えて喋らないところが信頼の代わりなのかなぁ、と。

 素直じゃない兎とお調子者虎……
 しかし名前のセンスは悪いですよね、虎。ものすごく。

 信じる云々の科白……うーん。
 ちょっとだけ兎があっさりすぎるような、
 虎も……ひっかかるような、穿ちすぎでしょうか。
 あと放置しすぎです、敵(笑

 ジェイクの逃亡に即座に反応する虎は流石ですねぇ。
 というか兎はなにしてるんだ、と思わなくもなかったですが。
 時計は最初からつけていましたから、
 斉藤さんに頼んでつけてもらったのかなぁ……
 スーツ着ていてもいなくても、なにかあったら飛んでいく性格ですし。

 そして呆気ない最期。……最期なのでしょうかねぇ。
 三十分で詰めこんでいるので、そのせいかもですが。

 楓ちゃんにはバレてないのでしょうか……
 あれだけやっておいて、と思いつつも。
 虎、って叫んでいましたしねぇ……

 月さんの衣装がなんだかひどいのは、
 徹夜で見ていたからか、それともいざとなったら出て行く気だったか。
 ちゃっかり市長のフォロー……なのかなぁ……
 正直がっかりなのですが、あのかたには。

 口々に褒めるヒーローたち……折紙はさんづけなんですね、やっぱり。
 兎の表情が見たかったくらいです(笑

 そして最後のさいごで……名前呼びが……!
 しかもにっこり笑顔で。破壊力抜群ですねぇ。
 でも普段はおじさんでもいいかな、とか(笑

 間違いなくこのあと虎と兎は病院で検査で、
 虎は再入院でしょうけれども。

 新PVは……一難去ってまた一難、なのでしょうか。
 十ヶ月は療養期間だったのかなんなのか。
 ポイント数からしても結構時間がたっていそうなので、
 合計一年くらい経過していそう……ということは、
 間にみんなの誕生日もあるよなぁ、とわくわくしていますが。

 インタビューっぽい時の服装はギャングに見えますけれど(汗
 というかメディア露出してばれないって奇跡のような。
 虎の能力に変化が……しかも真剣な声で……
 次回はラブコメと見せかけて虎と兎が仲良し回と踏んだのですが、
 心配になってきました。毎週心臓に悪いです……

 ここから若干腐った意見。

 どうして虎は包帯にボクサー一枚なんでしょうか……
 個人的にトランクスかと思っていたのですが、
 考えてみればあのスラックスを履くためには、
 ボクサーなどでなければ駄目なのですよね、そういう意味では理に適っている。
 兎もそうでしたし……というかなんのサービスシーンなのやら。

 包帯姿で横たわる虎とか、
 随所で某と言われている回復中の様子とか、
 ……その際必要なのかと思われる映像もあった気がしますが。
 あれを大画面で見る勇気は私にはないです(笑

 だらだら書いていたらもの凄いことになりましたねぇ。
 ……それくらいはまっているのですね、きっと。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年06月22日

タイバニ十二話感想

 お、おじさん……!

 見返すのが恐ろしいです、こういう時は作画が綺麗でなおさら。
 とりあえず予告の映像は嘘はついていなかったけれど、
 見事に予想を裏切った展開で……
 三十分に詰めこみすぎとも思いましたが、
 二クールなのに時間経過を扱うようなのでやむなしでしょうか。

 折紙が無事だったのはなによりなのですが、
 決定的な破綻を見せる虎と兎。
 おじさんやっちゃったなーと思ったのですが、
 他のかたの感想を読んでいると「兎に今まで信用できるだけの部分があったか?」
 というのを見て、そういえばないな……と。

 自分を抑える自信がないと言ったり、月に特攻して庇われたり、
 ハンサムエスケープしたり……た、たしかにまかせにくい。

 薔薇のフラグもばきばき折れる音が聞こえるようで切ないです。
 彼女の年齢では気遣うことも難しいでしょうし、
 八つ当たりのように言ってしまうのでしょうが……

 いつもなら輪の中にいる虎が、外れた場所にいる、
 その立ち位置がたまらない回でした。

 そして空は格好よかったのに……あんな結末で。
 折紙より空気の気がする牛さんには、もうなんと言っていいのか(汗
 ものすごく損な役回りの気がします。

 そして虎の対決。
 あの場で許しを請うのはあまり好きではないのですが、
 でも時期的にそこしかないのもうなずけて。
 若干死亡フラグっぽいのも気になるのですが……

 ヤツの能力もいまいちわかりませんねぇ。
 読めるのかな? という雰囲気ですが。
 名前も呼んでいたし、意図しない一撃が加えられたあとの激昂といい。

 こんなに瀕死になる主人公も珍しい……
 兎との仲はどうなるのか、そもそもこの対決は勝てるのか?
 次で一クール終了で、十四話の題名から想像すると一段落しそう……
 というかしてほしくてしかたないのですが。

 うーん、なかなか落ちついて感想が書けない回です。
 ……って毎度かもしれませんが。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年06月15日

タイバニ十一話感想

 どこから書いたものやら……

 とりあえず折紙回と見せかけて虎と兎が仲良すぎでびっくりしました。
 そして市長の駄目さ加減にびっくり……
 あれでよく赤ん坊のNEXTを育てていられるなぁ、と感心します。
 真先に怯えそうな気がするのですが。
 市長の地位はあまり高くないのでしょうか?
 各企業のトップもいるようですし、だからなりてがいないのかも?
 独断専行できず、企業と折りあっていかなくてはならない……とか。

 暴走しがちな兎を落ちつかせるべく動く虎が多かったですね。
 最初の名前の由来で誤魔化すところ、チャックマンがやってきた時も、
 多分わざと先につっかかったんですよね。
 そしてインタビューの時。わざわざ私服に着替えてまで。
 二度目にいなかったのは時間的な問題? ちょっと消化不良ですが。

 チャックマンをどうやって捕らえたかはまだいいとしても、
 彼がどうやってあそこまできたのかとか、
 結構唐突すぎてなんだかなぁ……と。
 それも狙いのうち、という説も見ましたが、
 クリームは一応人質解放のつもりだったことからすると、
 あの行動はどうなんだろう……? とも思います。

 あまり色々言わず、それでも側にいる虎は大人ですねぇ。
 カメラまわってないと本当にいい行動を(笑
 でも単語が出てこなくて兎のフォローが入ったり、
 どこの熟年夫婦ですかと叫びたくなりましたが……

 マーベリックとの時に「バーナビー」と呼んでいるのは、
 相手が彼だからなのか、それとも父の名を継いでいるからこそ、
 こういう時は正式に呼ぶべきだと無意識にでも切りかえているのか。
 結構自然にそういうことができそうなのですけど、虎。

 あと、薔薇のフラグがばきばき折られている感じが……
 彼女の年齢でそれが誤魔化しだと気づけるかというと難しいでしょうけど、
 薔薇の前途は多難そうですね……ううむ。

 そしてあっさり見破られている模様の折紙。
 ここで弁舌尽くして裏切ったふり、なんてネタを考えましたが、
 彼の年齢を考えるとジェイクのほうが何枚も上手でしょうから、
 難しいですよねぇ……多分。
 死亡フラグだけは回避してほしいのですけど。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年06月09日

タイバニ十話感想

 今回も色々やってくれましたね……
 あまり腐感想にしたくないのですが、あれを見ると、
 そうとしか思えない気がします。

 ここのところ虎の部屋が綺麗なのはなぜでしょう。
 初回に比べるとびっくりなのですが……

 職業:ヒーロー(正社員)
 という煽り文句を思い出す導入でしたねぇ。
 有給がたまっている……正社員ならばそうでしょう。
 休日でも出動があった場合、本来なら代休が必要ですし。

 各ヒーローの休日が、それらしくて面白かったです。
 アントニオはちょっと寂しげでしたけど……
 ネイサンはセクシー(笑
 でも社長業に休日はあるのでしょうかねぇ。
 キースはまさに彼! という具合。
 ホァンは食べてばっかりだなとか、
 イワンは……外出しないんだろうか。
 カリーナはそれでいいの? という気もしましたが(笑

 虎徹の運転は久々に見た気がします。
 そしてのんびりをぶち壊す突然のできごと。

 悪い子いないかーの感じが格好よかったです。
 こうして見るとちゃんと強いのになぁ……

 バニーとのやりとりが微笑ましいというか、
 虎徹の懐の深さというか……
 ああいう言葉を迷わず言うところが、凄いなぁと。

 重火器を「好きじゃない」と言いつつ乱射してましたが、
 それはそれで似合っていたのでいいなぁ、なんて。

 しかしこれらシリアス展開だのなんだのを、
 すべて頭の中から吹き飛ばしてくれたあの……あのお姫様抱っこ再び……!

 自分で言うあたりどうなの! とツッコミました。
 しかも太りましたか? って……スーツ越しで体重を熟知する男バーナビー。
 どれだけおじさんの身体を知っているんだ……と、
 笑えるような恐いようななんというか。

 そのあとの背中合わせは相棒ものの真髄! でしたが、
 直前の姫抱っこで何度か見直すまでなかなか(笑
 能力が切れているおじさんに対して足手まといだと言わず、
 背中を預ける兎の態度の変化が微笑ましいです。
 あの状況で一人にしたらもっと危険だから、なんて考えてたり……とか。

 そして次回予告。折紙の擬態が活躍の予感。
 でも能力は写せませんし、口調や知識ででぼろが出そうなので、
 どういう作戦にするのやら……?

 話の展開的に急転直下なのに、
 姫抱っこでなにがなんだかになるのは、
 わざとなのかなんなのか……

 でもできればスーツではない状態で見たいですね(笑
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年06月01日

タイバニ九話感想

 バニーちゃんのデレが半端ない……
 前回アイシングしていましたが、包帯姿でしたねぇ。
 ということはアイシングですませようとしたけれど、
 バニーちゃんに病院にもう一度連行されたとか?
 タンクトップはどこ行ったんでしょう……傷に障るから?

 そして妻子持ち、妻は死別、と出ましたねぇ。
 病死とのことで……ちょうどバニーと同じ年齢に設定したのですね。
 ネイサンも知らなかったとは意外です。
 ヒーロー事業の合併によって、トレーニングジムがひとつになったのかも?
 それまではプライベートであまり顔を合わせなかったのかな……と。

 本格的に虎←薔薇でしたが、見事なまでにカリーナが壊れていましたね……
 この件に関しては後述します。

 バニーちゃんのかわいいところがちまちま見えてきていて。
 でも壁のハイビスカスはないだろう……
 あれってデザイナーズ物件のようなものなのかなぁ? と。
 バニーちゃんの趣味だとは思いたくないなぁ(笑

 そして話題騒然深夜の酒盛り。
 なんで脱いでるんでしょう……
 感想を母に熱く語ったら(母は未視聴ですが)
「お酒飲んで暑くなるからでしょ」と言われました、なるほど。
 調べた情報をさらりと見せてみたり、デレっぷり半端ないですねぇ。

 おじさんをあまり動かさず椅子も譲っているあたり、
 相当気にしているようですし……一日に何度も聞いても、
 症状がよくなっているはずないのに、心配なのですねぇ。

 そして後半、うっかりかわいい女の子に迷って、
 よりによって右肩……あれ、大丈夫だったのですかねぇ。
 バニーちゃんにつっこまれてましたけど、心配半分嫉妬半分だったら、
 個人的に萌え転びます(笑

 某所でハンサムエスケープと言われたシーン(笑
 暴走する若人ですねぇ……四歳で親を亡くし二十年、
 なので彼は二十四歳確定、でしょうか。

 こんな状態で来週家族話。……一波乱ありそうですね。

 そして虎←薔薇ですが。
 個人的に年の差が大好きなので、虎薔薇になってほしい気持ちもあります。
 兎虎が公式すぎる現状ですけど(笑

 でも真面目な話、薔薇がどうこうするには、
 あと五年はいりますよね。現状で虎に女性として見てもらうのはまず無理。
 ただし五年後は娘が難しい年ごろなので、
 十年くらい待たないと、となるかなぁ……

 それだけ待っている薔薇というのも、私五のみなのですが。
 今後のカリーナの行動は気になります。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年05月25日

タイバニ八話感想

 折紙回というので油断していました……

 ルナティックを勇者とする人々の姿は、デスノートを彷彿とさせますね。
 名前も似ているし……
 まあ、タナトスだのなんだのは狂気系だと言いたいのでしょうけれど。
 司法官として壁にぶつかって、たまたまNEXTであったことが、
 彼にとっての幸か不幸か……

 にしてもウロボロスと無関係ということは、
 今後どういうふうにまとめていくのやら?
 アニメ的ラスボスがルナティックではないと思うのですけど。

 ヒーローとしての啓蒙活動にいそしむ面々。
 ゴミ拾いする牛角さんがものすごくかわいかったです(笑
 アカデミーに虎徹が行ったのは、あくまで兎のオマケなのでしょうね。

 アカデミーに年齢制限はないようですが……
 NEXTの力の発動は何歳なのでしょう?
 子供のころからだと、妙齢のかたがいるのは不思議ですが。
 ヒーロー人気が出たから入校しよう、とか?
 もしくはアカデミーに在学していれば、同じ能力者ばかりだから、
 安心するし学内では差別もないから、かな……

 帰りたいとげんなりする兎さんがかわいいです。
 卒業の順序は折紙が先、かつ兎入学時には折紙はいなかったようなので、
 はやくて一年で卒業できたりするのでしょうか?
 服役期間がどれだけかはわかりませんが。

 虎徹が卒業生でないのは、アカデミー設立からあまり時間が経っていないせいかなと。
 高校は普通に通っていたみたいですし。

 折紙の能力が生かされる場面というと、攪乱とおとり捜査ですよねぇ。
 忍者に憧れる彼にとってはもってこいですが、
 きなくさい事件のことが多いので、あまりおすすめできないような。

 後半は虎が格好よくて兎がデレまくりで、もうどうしようかと思いました。
 お前のことじゃなくてイワンの、と言った時の顔とか。
 普通に考えればそうですね、的に神妙な顔になった、ですが。
 ……妬いているようにしか見えませんでした。
 そして格好いい科白、自分で言わなければ褒めたのでしょうかね、兎。

 ルナティックとの対決は、どうしていつも高いところなのかな、
 と失礼なことを考えつつも……
 あの場面で避けられない兎の理由づけがちょっと弱い気がしますが、
 庇って打ち身をしたのに立ちあがって気合いを入れて、
 拳のぶつけあいをした虎は最高に格好よかったです。

 そのあと兎がまずおじさんに駆け寄って肩に手とか。
 逆上したところを手をにぎって落ちつかせるとか。
 どこまでサービスしてくれるのか、喜びすぎて呼吸困難起こしそうです(笑

 そして他のかたの感想を見て、バニー呼びを訂正していないことに気づき。
 病人相手だから遠慮したのでしょうかねぇ……
 つき添うほど子供じゃないし、と思いつつ未練ありそうな見送りとか、
 タスキを大事にお持ち帰りとか……兎がかわいすぎました。

 そしてルナティックは虎に目をつけたようで。
 この先どうなるやら?

 あと虎の家、片づいていたのは誰が綺麗にしたのでしょう。
 だのに足もとに緑色の物体……
 兎とおそろいの抱き枕だったら萌えるね! と友人と話しました。

 次回予告をwebでも見たら、赤ん坊、虎になつかないのですね……
 子育て経験があるぜ! と主夫する姿が見られると期待したのに(笑
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年05月18日

タイバニ七話感想

 兎のぶち切れがちょっと恐かったですねぇ。
 虎が冷静で、ああ、いいコンビだなぁと思ったり。
 でもあの状態の兎に聞いたって知らないって言ってるよ……とか。
 それだけおじさんも混乱中なのでしょうけれど。

 寝室にある写真は一枚。
 居間の多さとの対比。寝室には流石に酒瓶もありませんし。

 奥さんはおそらく死亡なのでしょうけれど、
 理由に関してはちょっとなにかありそう?
 今後に絡んでいくのですかねぇ……
 あんまり暗い理由でなければいいなぁ、と思いますが。

 兎の両親がロボット工学者、というところが気になります。
 どう考えてもそれ関係ですよね。
 でも、NEXTとは関係なさそう……?
 NEXTすらも倒せるようなロボットとか、でしょうか。

 そして、ブルーローズが盛大にデレた……!
 大喜びで見てしまいました。
 実は嬉しいのにことごとく出番を奪うとか、
 ツンデレ絶好調すぎて顔がにやけましたねぇ。

 酸素スーツ……なんだか微妙?
 回想シーンの画像やアングルが違いますよね。
 考察関係をちら見しましたが、
 そのあたりに関しての深読みがものすごくて。
 自分はそういうところは全然見ていないので、なるほどーと。

 他のかたが言うほど、兎さんがデレたようには見えなかったですが。
 後半の虎の兎にまかせるあたりはいいですねぇ。
 あと、吼えたところ。
 なにに対しての叫びなのか……
 死なせてしまったこと、守れなかったこと、
 ヒントを得られそうだったのに失ってしまったこと、
 妻を亡くしたことも、あるのかも?

 個人的に虎さんは、ちょっと暗い面も持っていてほしい派なので、
 そのあたりを想像するのが楽しいです。
 とはいえその面は、九割出さないでいてほしいのですけど。

 次はちょっとのんびりなお話?
 にしても三十話もないのにこのペースで大丈夫なのでしょうか。
 各ヒーローも出して主軸の話を進めるのは、
 なかなか難しい気がしますけれど。
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2011年05月11日

タイバニ六話感想

 今日は感想日記で。
 本日発売のオリオンをなぞるを、特典目当てで近所のツタヤに。
 ……行ったのですがCD自体当店では入れていません、と。
 この雨の中行ったのに!? と泣きそうでした。
 星座盤ほしかったのですけどねぇ……

 ここからはネタバレです。
 MXでも放送されたので特に隠しません。
 若干腐った見方が入るかもしれませんが、
 基本的には普通の感想です、そのつもりです。
 ……でも公式でイロイロ押しまくりですよね。

 さて六話。
 最初の兎のモデル立ちっぷりにびっくり(笑
 そして虎のマスク、あれで楓にバレないのが不思議なのですが……
 後ろ姿しか写していない、とかなのでしょうか。

 でもさりげなく虎の服装は格好いいですよね。
 スーツ好きなので毎回嬉しかったりします。
 靴もお洒落ですし、窮屈なの嫌いそうなにタイですし。

 炎の実験後、女の子すわりをしているのはどうかと思いつつ。
 そのあとはすぐ気配に気づいたり、
 ちゃんと熟練らしいところもあるなぁと。
 緩急ついて……緩いほうが八割の気はしますけど。

 兎のインタビュー、火は苦手と言いますが、四話では普通に特攻していましたよね。
 そういうトラウマ的なものはないのかな……?
 内心どうかはわかりませんが、立ちむかえるのは、
 彼の中の復讐心や自制心というかの強さなのでしょうけれど。
 でもあれ、載せていいのでしょうか、
 炎があとでしなだれかかって文句言いそう(勿論口実で

 ネイサンの車の中で、両手をにぎりしめた場面。
 なんだかすごく残りました。
 色々思うところがあるのだろうなぁ、と。
 でも語らないで茶化してしまうのか強さなのかなんなのか。
 根底の真剣な部分が見てみたいです。

 ……でも、腕枕をされる側発言は、
 全国の腐女子狂喜乱舞させすぎでは……
 このおじさん、言うことがかわいすぎます(笑

 そして写真を消していない兎!
 嫌がらせなのか実は喜んでいるのか、微妙なところ。
 あれだけ突っぱねておきながら、
 ちゃんと斉藤さんを連れて、しかもサイドカーでくるあたり、
 ツンデレすぎてたまりません。

 ヒーロー対、という図式が見えてきましたが、
 今後どうなるのか楽しみです。
 各ヒーローの紹介をしつつ、敵の姿が見え隠れかなぁ……? と。

 ついでに予告のおじさんもかわいいです。
 おじさんなのにかわいいって卑怯だ……(笑
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2010年08月31日

8/31:最近のゲーム

 オフラインではヘラクレスの栄光DSをプレイ中です。
 ワゴンで叩き売られていたので……

 高校時代とにかくギリシア神話に没頭して、
 古本屋で端から購入して読みふけりました。
 出版社によって若干の違いがあったりしてなかなか面白く。
 とにかく神々の妙なせせこましさとかがツボでした。
 よくも悪くも人間に近い感じで。

 と言ってもGB版とSFC版をちょっとプレイしただけなので、
 詳しく知っているわけでもないのですが。
 一作一作独立しているのでプレイには問題なく。

 戦闘のスピードの遅さにびっくりしましたが、
 慣れるとたいして問題にならなくなりました。
 ストーリーはやっぱり暗そうですが……まあ、そこはいつものこと。

 中盤くらいなのかな? でもまだ謎が全然解けません。
 何人いるんだ、自称ヘラクレス(笑

 あとは初音ミク Project DIVA Arcadeをたまに。
 カードをつくってMEIKOさんでプレイ中。
 プレイヤー名はそのままあおつぼですが、
 高得点ではないので見かけることはないと思います。
 GREATは消失以外なら大体クリアできるかな? というところ。
 でもあれ、自分でプレイしていると映像を見ていられないので、
 誰かやっているのを見るほうが楽しい面もあったり。
 ただ、MEIKO使用者は私の近辺にはあまりいないようですが……
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2010年01月10日

レガシィプレイ日記

 ちょいちょい進めています。

 義軍イプシロイアのストーリーは、
 これでもか的な展開にちょっとげんなりしつつ……
 シフォンが妙におっさんくさい声に聞こえるのはなぜでしょう。

 特殊フィールドをはじめて経験しましたが、
 あそこで決算をまたぐとたしかにつらい……!
 しかもストーリーのためとはいえ、なんだこれって感じが。

 ED前で止めて、ルドーラを開始。
 特にこれということもなく、ルドーラと他キャラでざくざく進み。
 EDは汎用っぽい感じで期待はずれ。
 どうやらすべての国に個別EDがあるわけではないようで……
 ちょっとくらいのテキストでもいいから加えてほしかったです。
 ……してみるとクリアスタは恵まれているわけですかね。

 次はピンキーを。
 一発でジャドウを引いたのであとはガンガンいきました。
 一応EDは固有でしたが……うーん。
 あ、でも2と同じ感じ……かな? 多分。
 私は2クリア数はほとんどないので、確実ではないですが。

 今はドリファン帝をプレイ中。
 EDまであとちょっとですが、
 会話を拾いたいのでもう少しかかるかな……?

 フリーモードで挟むイベントは全部共通ですが、
 国民の顔や背景だけ違います。
 もう少しなにかほしかったなぁ……
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2009年12月15日

レガシィ雑記

 クリアスタをクリア。続きを読む
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2009年12月14日

レガシィ雑記

 ルネージュクリア、クリアスタ途中まで。
 若干批判入ってます。続きを読む
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想

2009年12月08日

レガシィプレイ日記

 ということでルネージュです。続きを読む
あおつぼ | コメント(0) | 諸々感想